« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

嘉田知事の「日本未来の党」が総選挙の鍵を握った 選挙構図も政権の枠組みも激変する!?

?嘉田由紀子滋賀県知事は27日「日本未来の党」の結成を宣言した。これによって選挙構図は一変し、今回の総選挙に大きな明るい展望が開けてきた。おそらくこの動きは総選挙の台風の目になるに違いない。本欄で私が出現を待望してきた“ミスターX”は嘉田知事になのかもしれない。

嘉田知事の「日本未来の党」が総選挙の鍵を握った 選挙構図も政権の枠組みも激変する!?  ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎 の 逆襲  : マスゴミの妨害を避けるための、絶妙のタイミングだ!  (トルシエの世界)


 
中村てつじ 日本未来の党 奈良2区@NakamuraTetsuji

「日本未来の党」へ合流することになりました。「国民の生活が第一」は解党します。先ほどの党常任幹事会で決定されました。

岩上安身@iwakamiyasumi

卒原発、反増税だけでなく、反TPPも書き込まれている。 このポイントは非常に重要。RT @cats_mam : ⭐⭐⭐拡散‼“@saigou_ : 「日本未来の党」政策綱領
 
http://p.tl/BZEP http://www.hatatomoko.org/mirainoseisaku.pdf


 
平野 浩@h_hirano

自民党の安倍総裁は未来の党について、選挙直前の結党は選挙目当てと批判。しかし、生活の小沢代表と嘉田知事は3ヶ月かけて水面下で詰めてきており、駆け込み結党ではない。生活は解党して合流を決定。さまざまな合流が行われ、これこそ二極を形成する。もはや維新は自民補完勢力に過ぎない。

(僕の独り言)

 さすが小沢である。

 生活の候補者の数が思ったよりも少なかったので、何かあるなとは思っていたんだが、こういうことだった。

 発表も公示日直前であり、恐らく、マスゴミの妨害を避けるためなんだろうが絶妙のタイミングだ。

 これで、減税日本、新党大地、亀井らが合流し、社民党やみどりの風も選挙協力をしやすくなった。賛同人も、稲盛和夫、坂本龍一、菅原文太、鳥越俊太郎、茂木健一郎と有名人が名を連ねており、無党派層もかなり取り込めることができるだろう。民自公と十分戦える戦力が整ったと言える。

 一部に、嘉田は信用できないからダメだとする意見がツイッター上で見受けられたんだが、大事なことは、政策の似てる者同士が大同団結し、翼賛体制を築いてる「民自公」を打ち破ることであり、政権を奪還することだ。

 選挙は勝たなければ意味がない。勝って過半数を取り、政権を取らなければ、政策は実行できない。

 選挙制度は小選挙区制なのだ。維新のように、政策を無視した野合では困るが、主要政策(脱原発、反消費増税、反TPP)が一致するなら、現実問題としてまとまって戦わないと、金も権力もマスゴミも総動員して戦ってくる相手に勝てるわけがない。あれもダメ、これもダメ、それもダメでは、大きな政治勢力を作ることはできないし、まして、政権を獲得することなんてできるわけがないのだ。

 力を結集しよう!マスゴミの妨害は続くが、我々はネットで対抗して共に戦おう!99%(庶民)が力を合わせれば、必ず1%(支配層)にも勝てる。なぜなら、99%(庶民)も1%(支配層)も、一人一票しか持ってないのだから。

 小沢一郎の逆襲が始まる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党 すべては選挙民だましの選挙戦術

 野田首相が29日、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」のネット討論(20時から)に参加する。「与党と野党第1党の党首の違いがどこにあるか知ってもらうのは意義がある」と、安倍自民党総裁とのタイマンを望んだが、自民党側はニコ動参加を要求。野田が応じた格好だ。

[続きを読む]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本未来の党:小沢氏の影響力

 未来の結党時の届け出メンバー8人のうち6人が生活。小沢氏の元秘書の川島智太郎前衆院議員をはじめ、森ゆうこ、佐藤公治、谷亮子参院議員ら小沢氏の側近が並ぶ。やはり届け出メンバーの「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」の山田正彦共同代表も小沢氏と近い。

日本未来の党:小沢氏の影響力←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本未来の党結成 決断を後押しした小沢氏の一言

 滋賀県の嘉田由紀子知事が新党「日本未来の党」の結成を決断したのは今月24日。背中を押したのは国民の生活が第一の小沢一郎代表の次の一言だった。[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【共同通信】<政治劣化考>■戦前の教訓生かせず  大きいメディアの役割

民主、自民両党に対する国民の不満が高まる現状について挫折した戦前の二大政党に詳しい筒井清忠氏に聞いた。

現在の混迷する政治をどう見るか。

 「歴史的に見て、今、起きていることは普通選挙になったときに始まっている」

普通選挙が要因と。

 「男子だけだが、25歳以上なら基本的に誰でも投票できるようになって政治が一挙に大衆化した。ヴィジュアルな要素、写真などを駆使して反対党を攻撃する『劇場型政治』が新聞を中心に開始された。『怪文書』が出だしたのもこのころだ」<記事全文>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国人民元、19年ぶり高値から下落-中心レート引き下げで

(ブルームバーグ):中国人民元は28日、対ドルで19年ぶり高値から下落。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き下げたことが影響した。

中国人民元、19年ぶり高値から下落-... ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャには追加支援必要と独財務相示唆-大衆紙は最新合意を猛批判

(ブルームバーグ):ドイツのショイブレ財務相は、ギリシャに追加支援が必要となる可能性を示唆した。

ギリシャには追加支援必要と独財務相示唆-大衆紙は最新合意を猛批 ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米新築一戸建て住宅販売:10月は0.3%減の36万8000戸-予想下回る

(ブルームバーグ):10月の米新築住宅販売は前月比で減少した。

米新築一戸建て住宅販売:10月は0.3%減の368000戸-予想下回る ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン外為:円上昇、米財政の崖懸念-ユーロは対円で下落

(ブルームバーグ):28日の外国為替取引で、円は全面高。「

ロンドン外為:円上昇、米財政の崖懸念-独失業見通しでユーロ安 ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

嘉田滋賀県知事の女傑伝説

 脱原発の受け皿として、一躍、衆院選の台風の目となった「日本未来の党」。代表の嘉田由紀子・滋賀県知事(62)は、東日本ではなじみが薄いが、関西では名物知事だ。「もったいない」をキャッチフレーズに行政のムダを追及、新幹線の新駅建設や3つのダム建設凍結などを実現した。穏やかなイメージとは裏腹に、素顔は女傑そのもの。数々の伝説がある。

[続きを読む]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県の嘉田由紀子知事から土壇場で強烈パンチを食らい、日本維新の会の橋下徹代表代行が馬脚を現した

滋賀県の嘉田由紀子知事が、12月16日投開票の衆院選に向け、新党「日本未来の党」の結成を表明した煽りを受けて、日本維新の会の橋下徹代表代行(大阪市長)が馬脚を現し、松井一郎幹事長(大阪府知事)は、「原発以外の政策で一致できるのか」とイヤミを言いながら危機感を示している。はっきり言って、日本維新の会が急に色あせ始めている。秋の紅葉の季節に「薄汚れた景色」など見たくもない。

この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来の党:滋賀・嘉田知事がみんなと連携協議

 日本未来の党代表となる滋賀県の嘉田由紀子知事は28日、大津市内で報道陣の取材に対し、みんなの党の渡辺喜美代表と政策協議中であることを明かし、「(渡辺)代表も興味を示してくれています」と話した。党本部は東京に、大津市には支所を置く。同日午後、新党の代表代行となる飯田哲也(てつなり)・大阪府市特別顧問が総務省に新党結成を届け出る。

 嘉田知事は、新党の現時点での立候補者擁立のめどについて「73、74人」とし、「候補者100人を目指す」と改めて表明。県内の小選挙区への候補者擁立について「希望者がいないわけでない」と含みを持たせた。一方、国民の生活が第一の小沢一郎代表が嘉田新党に合流することについて、「イメージの問題で(影響は)プラスマイナス両方」とだけ答えた。【加藤明子】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12年末・この国を選ぶ:嘉田・滋賀県知事が新党 「卒原発で希望発信」

新党「日本未来の党」の結党の意向を明らかにした滋賀県の嘉田由紀子知事(62)。記者会見の会場には大津市内の琵琶湖を望むホテルを選び「原発から卒業できる道を示さなければならない。世界、地球、未来に希望を発信したい」と気勢をあげた。一方で肝心の候補者選びや ...

12年末・この国を選ぶ:嘉田・滋賀県知事が新党 「卒原発で希望発信」←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二見伸明:日本の右傾化を阻止できるのは誰か──いまこそ本物の第二極が必要だ


11
19日、小沢一郎の無罪が確定した。小沢裁判は帝人事件(1934年)、横浜事件(1942年から1945年)と並ぶ現代政治史上特筆すべき「三大でっち上げ政治裁判」の・・・
 
二見伸明:日本の右傾化を阻止できるのは誰か──いまこそ本物の第二極が必要だ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野論説:改めて、リベラルとは何か?──野田総理が投げ捨てたもの


 
野田佳彦首相は、かねて「民主党の『民主リベラル』という思想には違和感がある」と言ってきた。私に言わせれば、リベラルは民主党のアイデンティティそのものであり・・・

高野論説:改めて、リベラルとは何か?──野田総理が投げ捨てたもの

←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発と増税が総選挙本来テーマ、未来党へ期待

福島原発事故を受けてエネルギー政策を転換すべし、民自公で決めた消費税増税を国民は了承していない――総選挙で正面から問うべきテーマを掲げた嘉田滋賀知事ら「日本未来の党」に期待します。第三極諸党へ合流呼びかけも「生活」などかなりの広がりを持ちそうです。右に大きく振れた「維新」以外、「みんな」や社民党まで含めた協力構築が望ましいと考えます。それで衆院に大きな勢力を築ければ、増税問題を隠した民自公ペースの解散・総選挙の様相が一変します。

この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森田実氏「民主は集団自決」政治評論家・森田実氏が民主の現状を「集団自決」のようと評す

「政治家は選挙に落ちればただの人」。大野伴睦元自民党副総裁の言葉を引くまでもなく、選挙とは、政治家にとって命がけの戦いだ。しかし、政治評論家の森田実氏は、時事通信社解説委員の田崎史郎氏との対談で、民主… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故の責任明確化を選挙の争点に

次の選挙では、その具体的な手順や方法を争点にして競ってほしいと思う。

詳細を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行く人来る人 引退する鳩山元首相、嘉田新党誕生の影で

政界の消長を凝縮したような一日だった。マスコミが意図的に大きく扱う「石原第三極」の影に隠れがちだった「本家第三極」が俄然活気づくことになった。嘉田由紀子・滋賀県知事が27日、「脱原発・反消費税・反TPP」を掲げて、新党「日本未来の党」を立ち上げたのである。

この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

小沢・嘉田連合 脱原発で100人超え

 正真正銘の第三極が発足する。滋賀県の嘉田由紀子知事(62)が「脱原発」を旗印とする新党結成を27日午後にも表明。新党名は「日本未来の党」になる見通しだ。小沢一郎の「国民の生活が第一」や「みどりの風」、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」も合流を検討している。共闘が実現すれば、維新の会を凌駕する一大勢力になるのは間違いない。

[続きを読む]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本未来の党の発足に当たって - 茂木 健一郎

日本未来の党の発足に当たって 2012年11月27日 茂木健一郎  嘉田由紀子滋賀県知事が代表となって、日本未来の党が発足いたしました。私は、その趣旨に賛同します。  「卒原発」を政策の一つに掲げる同党に、私が賛同することに対して、意外だと思われる方がいらっしゃるかもしれません。二つの点について、ここで説明させていただきます。  一つは、「原発」をめぐる「文化」についての考察です。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活・減税が嘉田新党合流へ「第3極」3分化…嘉田新党に生活・減税合流へ

 衆院選(12月4日公示―16日投開票)で、民主、自民両党への対抗を目指す「第3極」勢力が27日、3分化する方向となった。 脱原発を目指す「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)、「減税日本・反TPP・脱… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐竹知事、生活も支持? “蜜月”自民陣営は不快感

 佐竹敬久秋田県知事が、衆院選秋田1区で複数の候補者を支持すると受け取れる動きを見せている。自民党と蜜月関係と言われてきたが、既に出馬表明した知事選を来春に控え、幅広い支持を得たいという思惑がにじむ。知事の影響力は大きいだけに、各陣営は動向を注視している。  「これまでご指導、応援をいただき、恩返しがしたい」。19日に秋田市であった国民の生活が第一の前議員高松和夫氏の国政報告会。佐竹知事の代理で[記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下さんに〝失望〟したので…。「嘉田新党」結成表明

 12月16日投開票の衆院選に向けて、滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、大津市内で記者会見し、脱原発を旗印にした新党「日本(にっぽん)未来の党」を結成すると発表した。原発依存を徐々になくす「卒原発」や脱官僚など6項目のマニフェストを掲げた。知事職のまま代表に就く…[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新・みんな合流頓挫:首都圏で競合選挙区が拡大

 日本維新の会の橋下徹代表代行がみんなの党の渡辺喜美代表に呼びかけた衆院選(12月4日公示、同16日投開票)前の合流が頓挫したのは、維新と合流した旧太陽の党サイドがみんなの地盤である首都圏で維新の公認候補擁立を加速し、両党間の選挙区調整が困難になったことが背景にある。

なぜ維新とみんなは合流できない?←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新ドタバタ 公認候補辞退続出「ガラクタ市のようだ」 

 

 次期衆院選で「第三極」の核とされる日本維新の会で、立候補予定者の差し替えや公認辞退者が相次ぐなど、擁立準備作業が混乱している。

【衆院選】維新ドタバタ 公認候補辞退続出「ガラクタ市のようだ」←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輿石東対ニコニコ動画運営 共倒れを熱く祈願する公示前の戦い - やまもといちろう

 これほど泥仕合となり疲労困憊の果てに横合いから暴れ馬の乱入で踏みちぎられ叩きのめされ両者マットに沈んで欲しい事案も少ないと思うのですが、千葉ロッテの入団テストに不合格となった小林宏さんが勇躍輿石東さんに挑戦状を打ち込んでいるのを見て心の底から「生きているって素晴らしい」と思ったのです。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷走民主、連合に平身低頭「どうぞ、お力を」

 連合は26日午後、東京都内で衆院選に向けた総決起集会を開いた。 地方連合会の会長など、労組組織への影響力から“親方衆”とも呼ばれる各労組トップが顔をそろえ、民主党支援のために気勢を上げる場となるはずだった。しかし、集会は過去の反省と総括から始まった。 「2009年、新しい社会作りが始まる期待があっただけに、国民も組合員も失望と落胆がある。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの党との合流断念 日本維新・橋下氏

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は27日のフジテレビ番組で、衆院選に向け、同日中に結論を出すとしていたみんなの党との合流に関し「大変困難な状況だ。政策や理念が一致していても、人間関係の問題がどうしても出てくる」と述べ、断念せざるを得ないとの認識を示した。両党の候補者が競合する小選挙区数が拡大している現状について「東日本では完全にバッティングしており、選挙協力は難しい」と指摘。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

<嘉田知事> 新党結成27日に正式発表

滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は26日、脱原発を掲げた新党結成を目指す意向を固めた。27日に記者会見して正式に発表する。「脱原発」を掲げる「国民の生活が第一」や「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(略称・脱原発)などが合流を検討しており、日本維新の会と一線を画す勢力の結集につながる可能性がある。 嘉田知事は26日、県庁で記者団に、「原子力政策について国民的議論に期待している。

 

記事全

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏、新党結成か 生活候補にビラ作製中断指示

 国民の生活が第一の小沢一郎代表が、党所属の衆院選立候補予定者に対し選挙用ビラの作製を中断するよう指示していたことが25日、わかった。複数の生活関係者が明らかにした。来月4日公示の衆院選を前に異例の指示といえる。生活内では、小沢氏が日本維新の会やみんなの党を除く第三極勢力を結集した新党結成を目指しているとの見方が広がっている。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉田由紀子知事が党首?生活・脱原発合流へ調整

 「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)と新党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(共同代表・山田正彦元農相、河村たかし名古屋市長)は、脱原発の第3極勢力を結集する新党結成に向けた調整に入った。 「みどりの風」(共同代表・谷岡郁子参院議員ら)にも参加を呼びかけている。原発再稼働に慎重な姿勢をとってきた嘉田由紀子滋賀県知事を党首に迎える案が出ており、嘉田氏の動向が焦点だ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木宗男氏の長女・貴子氏、衆院選出馬を表明

 新党大地・真民主の鈴木宗男代表の長女、鈴木貴子氏(26)が26日、衆院選北海道7区からの出馬を表明した。 北海道釧路市で記者会見した鈴木氏は、出馬理由に同党後援会からの要請を挙げ、「育ててもらった皆さんに恩返ししたい」と語った。また、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加反対に加え、「北方領土返還はライフワークとして取り組みたい」とした。 [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「候補者乱造の橋下“維新”は大丈夫!?」ボクシング界の問題人物も出馬へ

 やはり準備不足だったか“橋下チルドレン”の急造候補者が目立ってきた。 吉本興業所属のインテリ芸人・富山泰庸(41=神奈川16区)や元グラドル・佐々木理江氏(30=東京21区)など、当初は否定していたタレント候補を続々擁立、街頭の挨拶もたどたどしく頼りなさを露呈しており、充分な人選をしたとは思えないような状況が見られる。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

要するに誰が脱原発・反消費税増税・反TPPかだ

NHK日曜討論で各党討論会が開催されたが、司会の島田敏男氏の偏向ぶりは相も変わらず、新党大地の鈴木宗男氏にたしなめられた。 民主党と自民党だけに特別の時間を配分するやり口は日本偏向協会の名を如実に表すものだが、国民の生活に直結する総選挙報道としては最低のものである。 主権者国民が政権を掌握し、NHK改革を断行して、NHK内に巣食う偏向・シロアリ族を一掃する必要がある。 消費税・TPP・原発について論議が戦わされたが、後半の大部分を外交・安保に時間を割く、偏向そのものの番組編成であった。 多人数の討論であり、選挙直前の番組であるから、それぞれの問題に、各人1回ずつの発言機会でなければ公平性は確保できない。 民主と自民だけに長大な時間を付与するやり方を国会で厳しく追及するべきである。 消費税問題...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南三陸町防災庁舎を現場検証 遺族の業過致死容疑・町長告訴受け

 東日本大震災の津波により、宮城県南三陸町の町防災対策庁舎で町職員ら42人が犠牲になったのは適切な避難指示を出さなかったのが原因として、町職員遺族が佐藤仁町長を業務上過失致死容疑で告訴した問題で、県警は26日、同庁舎の現場検証を始めた。県警は今後、関係者からも事情を聴く方針。  午前8時すぎに県警の捜査員ら約20人が集まり、庁舎周辺を立ち入り禁止にして検証を始めた。付近の被害状況を確認し、非常階段 [記事全文] 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末東京震度4 首都直下の前触れなのか

 3連休の中日(24日)、千葉県北西部を震源とするマグニチュード4.9の地震が起きた。東京23区や神奈川県東部では震度4を観測し、久々の揺れにドキッとした人も多いだろう。日本列島では連日のように、かなりの揺れの有感地震が相次いでいる。22日には宮城県沖で震度4の地震が起こり、24日にも震度4が2回起きた。同日、茨城県南部でも震度3の地震があった。いずれも関東に近いだけに気になる。連続する地震は危険な兆候なのか。元東大地震研究所准教授の佃為成氏はこう言う。

[続きを読む]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

党首討論の迫力はどこへいった? 民主党はTPP、金融政策論議を避けてはいけない! - 田原総一朗

いよいよ衆議院が解散し、選挙戦に突入した。11月14日の党首討論で、自民党総裁の安倍晋三さんに対し、野田佳彦首相が解散すると宣言したのである。突然の解散宣言に驚く声も上がった。だが、野田首相には理由があったのだ。なにより内閣支持率は下がるばかりだった。そのため民主党内では、野田首相のままでは選挙戦を戦えないという声が、日に日に大きくなっていた。「野田降ろし」の風が吹くのは時間の問題だったのだ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<橋下氏じゃんけん発言> 競合区の有権者ら「茶番」憤る

 日本維新の会の橋下徹代表代行(大阪市長)が、みんなの党の渡辺喜美代表に「選挙区調整はじゃんけんで決めてもいい」と合流要請した発言が、波紋を広げている。両党は、自民や民主に対抗する「第三極」として選挙協力を進めるが、25日現在、22選挙区で候補者が競合している。競合区の立候補予定者や有権者からは「じゃんけんなんてバカにしている」という批判も出ている。 ◇みんなの党 「あまりにも乱暴な話だ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

橋下氏“年金 65歳で支給せず”/先延ばしを主張/TV番組

 日本維新の会の橋下徹代表代行は24日、年金支給開始年齢の引き上げを打ち出しました。同時に解雇規制の緩和を主張しました。日本テレビの番組で述べたもの。 橋下氏は、社会保障について「保険料を上げるか、給付水準を下げるか、これを国民に求めるしかない」と宣言。「(平均寿命が)70、80歳を超えた時代に、65歳から年金を全員もらえるというのはダメ」と攻撃し、「平均余命にあわせて支給開始日をもっと遅らせる。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【衆院選】タレント市議を擁立へ

「国民の生活が第一」が、衆院選埼玉4区に埼玉県新座市議でタレントの立川明日香氏(27)の擁立を検討していることが25日、同党関係者への取材で分かった。

【衆院選】タレント市議を擁立へ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今週の米株見通し】焦点は財政の崖、欧州の財政問題―経済統計は脇役

 今週の米国株式市場はいわゆる「財政の崖」の回避に向けた米議会の協議の行方と欧州の財政問題が焦点となりそうだ。

【今週の米株見通し】焦点は財政の崖、欧州の財政問題―経済統計は脇役←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【共同通信】<政治劣化考>■政権の失速は「ねじれ」だけが原因か

首相、党首の権限が強化されたものの、不安定な政権運営が続く要因を「首相政治」を研究する待鳥聡史氏に分析してもらった。

ここ数年の政治を総括すると。

 「政権が参院の動向から影響を受けすぎる状態になっている。『ねじれ』だが、大げさな言い方をすれば憲法的な危機。個々の首相や政権の力では乗り越えられない問題があるという認識を持たないと打開は難しい」

構造的な問題か。

 「参院をどうするか。衆院多数派の信任で内閣が成立し、存続するのが議院内閣制。参院にも首班指名権はあるが、衆院の指名が優先すると憲法にはっきり書いてある。憲法の基本的な設計から、本来的な衆参両院の関係を考えるべきなのに、現状は『参院はできない』と書い……<記事全文>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【中日新聞】<社説>■お天気の話をするように、環境を語り、エネルギーを話し合い、公平を議論し、正義を求める市民たち

結局何も変わらないさと、あきらめていませんか。でも自分自身が変わらないのに、世の中や政治が変わるわけがない。総選挙。明日を変える種まく日。

 西高東低の気圧配置が天気図に、縦縞(たてじま)模様を描いています。

 晴天乱流。突然の衆院選に驚きながら、名古屋大学環境学研究科特任准教授の杉山範子さんは、この春留学先のベルリンで見た光景を懐かしく思い出しています。

 気候政策を専攻する杉山さんは、今年一月から半年間、ベルリン自由大学のミランダ・シュラーズ教授のもとで、主に欧州連合(EU)の温暖化対策の研究に取り組みました。ミランダさんは、ドイツの脱原発を決定づけた倫理委員会の一員です……

<記事全文>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍の「インフレ目標3%」に専門家から批判続々

 自民党の安倍総裁が主張する「インフレ目標3%」には怪しいにおいがプンプンする。当初は浮かれ、買い材料にしていた市場からも、「大風呂敷を広げすぎ」「平気で大ウソをつく」という批判の声が上がっている。 で、21日発表した政権公約では、さすがに「物価目標2%」と下方修正したのだが、安倍本人は「個人的には3%がよいと思っている」と発言。「3%」にこだわっていた。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「駅前演説のノダ」に世論の鉄槌は下る?

 「政権交代とは、一言で言うとお金の使い方を変えること。お金の使い方が変われば、皆さんの生活も変わるんです。一度ぜひ民主党にやらせていただきたいんです」

【名言か迷言か】「駅前演説のノダ」に世論の鉄槌は下る?←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相演説で聴衆が「嘘つき」 民主、党首討論に期待感…自民は「ルールを」

 野田首相(民主党代表)と自民党の安倍総裁との「党首討論」が実現する見通しとなり、民主党には先の臨時国会での首相の党首討論を評価する声が多いことを踏まえ、論戦で優位に立てるのではないかとの期待感がある… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本業大不振で売上高が半減 存亡の機に立たされる金融取

 東京四大取引所の一つ、東京金融取引所(金融取)が存亡の機に立たされている。理由はそのものずばり、主力事業の低迷だ。稼ぎ頭の「金利先物等取引」と、外国為替証拠金取引(FX)の「くりっく365」の取扱量… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政界引退 鳩山由紀夫が死んでも許さない裏切り者

 鳩山由紀夫元首相が21日、地元の苫小牧で記者会見し、次期衆院選には出馬せず、政界を引退することを正式表明した。 野田首相は「多大なる貢献に心から感謝する」なんて言っていたが、これは野田の謀略だ。野田… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

どこが勝つのか今回の選挙 もう一度小沢に投票か棄権か

 どのメディアもハッキリ書かないが、橋下・維新の会はもうオシマイだ。石原慎太郎の太陽の党と組んだことで、完全にメッキが剥がれてしまった。なにしろ、脱原発を引っ込めただけでなく、企業団体献金も容認なのだ。「どこが改革政党なのか」と言いたくなるが、23日、東大の文化祭に招かれた元改革官僚の古賀茂明氏もこう言っていた。

どこが勝つのか今回の選挙 もう一度小沢に投票か棄権か←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原慎太郎代表、橋下徹代表代行の日本維新の会は、選挙態勢が間に合わず、大量当選覇者はとても見込めない - 板垣英憲

石原慎太郎代表、橋下徹代表代行の日本維新の会は、全国各地の衆院小選挙区に候補者を擁立しつつある。しかし、12月4日の公示までにわずか10日しかなく、この間に選挙事務所を設置して、電話を設置したり、公設掲示板にポスターを貼る要員やチラシ配布要員など選挙事務所の運動要員を確保したり、宣伝カーを手配したり、選挙態勢を組む時間も人員確保の余裕もない。まさに、ドタバタ、ドタバタしている。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルディコット博士 「福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが行われている」


 
 オーストラリアの小児科医で放射能障害に詳しいヘレン・カルディコット博士の記者会見が19日、衆議院第一議員会館内で開かれた。博士は日本各地で講演ツアーを行っている。
 
 衆院解散を受けメディアの関心が選挙一色になるなか、会見には海外のテレビ局1社と数人の記者のみが集まった。カルディコット博士は何度も犯罪的非人道的という言葉を多用し、これを伝えようとしないマスコミも批判した。日本社会に対するいらだちが随所に感じられた。

http://tanakaryusaku.jp/2012/11/0005637←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政界引退 鳩山由紀夫が死んでも許さない裏切り者

 鳩山由紀夫元首相が21日、地元の苫小牧で記者会見し、次期衆院選には出馬せず、政界を引退することを正式表明した。 野田首相は「多大なる貢献に心から感謝する」なんて言っていたが、これは野田の謀略だ。野田民主党は選挙公約に消費増税やTPP推進を掲げて、「党に公認を求めるなら、誓約書に署名しろ」と迫っている。鳩山がのめないことは百も承知で、踏み絵を迫り、引退に追い込んだわけである。ホント、薄汚いやり口で、鳩山陣営は野田に恨み骨髄だが、鳩山周辺によると、「民主党には野田以上に許せないヤツが何人かい

政界引退 鳩山由紀夫が死んでも許さない裏切り者←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本維新の会の政策はなぜ変質するのか - 島田 裕巳

これまでも、この「アゴラ」やツイッターで、日本維新の会については論じたり、ふれたりしてきたが、今回はじめて橋下徹代表代行から反応が返ってきた。

私のツイートは、「日本維新の会は、政策が変質してきているのではなくて、もともと『政策がない』と考えたほうがいいのではないだろうか」というもので、橋下氏からの返信は、「学者さんは暇なんだから、もう少し勉強した方が良い。大阪の改革を何一つ知らない」というものだった。

この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本性見えた 安倍自民「ウルトラ右翼」公約

 安倍自民党が21日発表する選挙公約は、ウルトラ右翼の本性が丸出しだ。  復興と防災、経済成長、教育・人材育成などの項目も用意されているが、目を引

本性見えた 安倍自民「ウルトラ右翼」公約←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【憲法九条の改正】<九条の改正笑ひ言ふ議員このちんぴらに負けてたまるか>【徳島新聞】<鳴潮>■「国防軍」

 <九条の改正笑ひ言ふ議員このちんぴらに負けてたまるか>岩田正。戦争を知らない若い国会議員が、戦争放棄をうたった憲法九条の改正を笑いながら口にする。長く、つらい戦争の時代をくぐり抜けてきた歌人の岩田さんには、それが許せないのだろう

 こんな短歌も作っている。<フイルムを逆に回せばながくよき平和ののちに戦争が来る><フイルムを逆に回せばありありとひろしまの惨未来ともなる>

 日本維新の会の石原慎太郎代表が、講演で「核兵器に関するシミュレーションぐらいしたらいい。持つ、持たないは先の話だが、これが一つの抑止力になる」と発言して物議を醸している

 「個人的見解」と断ってはいるが、広島・長崎の原爆で多くの人が亡くなった事実を無視した発言といわれても仕方がないだろう。これでは北朝鮮に対する核放棄要求も説得力を持たなくなる

 自民党が発表した衆院選の政権公約も何やらキナ臭い。集団的自衛権の行使や自衛隊を「国防軍」とする憲法改正などが盛り込まれた。改憲論議が高まった2005年、三木武夫元首相夫人で今年7月に亡くなった睦子さんが、こう言って安易な改憲にくぎを刺したのを思い出す

 「(当時首相だった)小泉さんは終戦当時ヨチヨチ歩きだったので戦争の悲惨さも戦後の苦しみも知らないのです」。戦後生まれの安倍晋三総裁にも当てはまる言葉だ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル選:無党派層が最大級 変わる?戦術

年内実施が急きょ決まった衆院選と東京都知事選。立候補予定者は短い準備期間で有権者に人柄や政策を知ってもらうのに懸命だが、参謀役としてPR戦略などを手掛けるのが「選挙プランナー」だ。約30人が活動しているといい、今回も引っ張りだこ。ベテランと若手を代表する選挙プランナー2人に、ダブル選について聞いた

ダブル選:無党派層が最大級 変わる?戦術←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地盤も知名度も資金もないけれど

力のない候補者が選挙を戦い抜く術とは?飯田哲也氏、吉田雄人・横須賀市長、樋渡啓祐・武雄市長が語る

詳細を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高増明(関西大学教授):チキンゲームとしての日中関係


 
尖閣諸島の国有化によって、日中関係は過去にないほど悪化している。また、日中関係の悪化によって、トヨタの20129月の中国における自動車の販売台数が約半分に・・・

高増明(関西大学教授):チキンゲームとしての日中関係←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中良紹:「第三極」か「第二極」か


次期総選挙を巡って複雑で錯綜した解説がまかり通っている。連日メディアが報道しているのは、いわゆる「第三極」と呼ばれる小政党の政策の違いや・・・
田中良紹:「第三極」か「第二極」か←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円安誘う安倍発言の賞味期限

積極的な金融緩和を求める安倍晋三自民党総裁の発言を手掛かりに、円安が進行しているが、JPモルガンの佐々木融氏は長続きしないと見る。
記事の全文
←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

総選挙と都知事選をめぐる注目すべき動きの数々 - 五十嵐仁

総選挙と都知事選挙の公示を前に、注目すべき動きが相次いでいます。それだけ政治が流動化し、新たな局面が生じてきているということになるでしょう。まず、自民党による政権公約の発表です。こんな無責任な公約を掲げるなんて、自民党も「野党」が身に付いてきたということなのでしょうか。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウソつき民主・ふざけるな…前議員にヤジやまず

 衆院解散から1週間。すでに走り始めた選挙戦では、2009年の前回選挙で民主党の政権公約(マニフェスト)の実現を訴えて当選した前議員らが「後始末」に追われている。 同党に対する有権者の批判は強く、激しい“逆風”は慌ただしく離党した前議員にも吹き付けている。 「力不足や経験の浅さを、皆様に率直におわびします」。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【社説】ウォン高の奇襲を受けた輸出産業の悲鳴

 朴宰完(パク・チェワン)企画財政部(省に相当)長官は21日、危機管理対策会議で「政府は国内外の金融・為替市場の動向を細かく見守りながら、状況の展開によって必要ならば措置を取る」と述べた。ウォン相場は今年6月初めの1ドル=1180ウォン台から、最近は1080ウォン台へと5カ月で100ウォン上昇した。急激なウォン高で韓国企業の輸出競争力が急激に低下したため、政府は為替防衛に取り組む姿勢を公式に表明した格好だ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停戦合意守られるか ガザから記者が報告

 パレスチナ自治区ガザ地区などで激しい戦闘を続けてきたイスラエルとイスラム原理主義組織「ハマス」は21日、停戦に合意した。停戦が発効してから平穏を取り戻したガザだが、いたるところで空爆による激しい破壊の跡が見られる。ガザで取材している富田徹記者が報告する。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国民必読 第1部 日本発 大恐慌の可能性パナソニック・ショックの内実

 新興国バブルやエコポイント制度によってもたらされた好業績は瞬く間に消えた。白日の下に晒された日本企業の裸の実力。世界経済のルールが変わったが、日本だけが、それに対応できずにいる。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34091←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【新出生前診断 臨床研究として導入へ 2回続きの2】検査の意味、よく理解して 夫律子・クリフム夫律子マタニティクリニック院長

 新たな出生前診断導入に向け、臨床研究の準備が進んでいる。

 「胎児を診ずして『速い、簡単、便利』と母親の採血という検査方法に走るのには疑問がある。日本では出生前診断そのものがあまり浸透していない。

【新出生前診断 臨床研究として導入へ 2回続きの2】検査の意味、よく理解して 夫律子・クリフム夫律子マタニティクリニック院長←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

核兵器は万能ではない

核武装さえすれば安全保障環境が好転すると思っているとしたら大間違いだ

石原慎太郎・日本維新の会代表は、「日本は核兵器(保有)に関するシミュレーションぐらいやったらよい。これが一つの抑止力になる」とおっしゃるのですが、日本はすでに第二次大戦中から核保有に関する研究を何度もしています。

詳細を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本株週間展望 選挙前相場続きじり高に、株高アノマリーと円安

(ブルームバーグ):11月4週(2630日)の日本株は、衆院総選挙を前にした経済政策面のリップサービスを受け、選挙期間中の株高アノマリー(投資理論に基づかない規則的事象)を見込む買いでじり高となりそうだ。為替の円安基調も鮮明で、国内景気や企業業績の底打ち期待につながりやすい。

日本株週間展望 選挙前相場続きじり高に、株高アノマリーと円安←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【政府が発表しない日本経済の実態】時代はパチンコからカジノへ

※本コーナーは、政府・大手マスコミメディアが発表しない日本経済の実態についての取材を基に構成されたドキュメントレポートである。

§5.20兆円産業が滅びる?パチンコ産業危機で100万人大失業へ!

4.時代はパチンコからカジノへ

存在感を失いかけていた自民党議員を中心としたカジノ議連が、来月の衆院選

の大勝で、また息を吹き返しそうな気配濃厚である。

カジノ推進派の国会議員らで組織されているカジノ議連。

自民党、民主党らの超党派議員で構成されているが、民主党政権になって以来、

お世辞にも推進に向けての積極的な活動を行っているとは言い難い。

「ある意味で、パチンコ業界にとって、民主党は都合のいい政党だったと思う。自民党政権下ではすでにカジノ候補地まで予定されていた沖縄でのカジノ誘致と、それに向けた法整備も、民主党政権の実現で完全に後退した。そして、鳩山の県外移転発言で、もはや沖縄もカジノどころではなくなった。その潮目がいよいよ自民党の与党復活で変わる」

そう語るのは国内カジノ問題に詳しいジャーナリスト氏。

さらにカジノ推進派で知られる石原慎太郎氏と橋下大阪市市長。

日本維新の会が第二党に躍り出て、もし仮に自民党と大連合ということにでも

なれば、一気にカジノ法案の立法化が進む可能性が高い。

「 ただ、カジノはしょせんギャンブル。国民的な議論もしておかなければ、支持率に悪影響を与える。そこでスケープゴートになるのが、パチンコってわけ。日本中がギャンブルだらけという悪い印象を打ち消すために、時代はパチンコからカジノへ、という流れを作りたい。真っ先に手をつけるのは基準変更での出玉の締め付け。そうでなくても1円パチンコ、5円パチスロでゲームセンター化が進んでいる状態なのに、さらに出玉感のない遊技機への規制強化なら、客足は簡単に吹っ飛ぶ。その客をごっそりとカジノが奪うという図式」

業界筋の情報では、「規制強化での弱体化が進まなければ、次にはパチンコホー

ル喫煙での健康リスクキャンペーンも控えている。ホールの全面禁煙化が義務

化されたら、それこそ喫煙率90%ともいわれるヘビースモーカーをカモにし

ているホールは軒並み、倒産に追い込まれる」とのシナリオも噂されている。

「バカなパチンコ業界紙が、例の大震災での石原慎太郎氏の節電発言に噛み付いたツケが、こんなところで回ってくることがなければいいけどね。そうそう。石原氏の後継として次の東京都知事の大本命の猪瀬氏も、日本カジノ学界の設立発起人だったよね」

来月の衆院選の裏の「争点」は、カジノの立法化、そしてパチンコ産業の没落

⇒ゲームセンター化である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【下野新聞】<雷鳴抄>■所得格差は広がり、1億総中流社会は幻と消えた 

23日は勤労感謝の日。「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」で、1948年に制定された昨年の小欄でも紹介したが、この祝日の起源は飛鳥時代に始まった宮中行事・新嘗祭だ。天皇がその年の新穀を神とともに食し、収穫を祝う。明治以降、国民の祝日とされた。その祝日名を勤労感謝の日としたのは戦後の復興期にぴったりで、高度経済成長期にもふさわしかったそのころ、未明に起きて宇都宮から東京へ通勤を続けたサラリーマンがいた。カバンの中には弁当が二つ。一つは1番電車の中で朝食として食べ、もう一つは会社での昼食にした。帰宅はいつも深夜だった。こうした働きバチがいて、豊かな日本が出来上がった


 
【福井新聞】<越山若水>働くお母さんにねぎらいの言葉を。もちろん働くお父さんにも忘れずに。「ありがとう」

「勤労感謝の日」。万葉学の第一人者で奈良県立万葉文化館長、中西進さんの解説によると、万葉集には働く女性を賛美する歌が数多く残っているという例えば、次のような作品がある。「難波人葦火焚(あしひた)く屋の煤(す)してあれど己(おの)が妻こそ常(とこ)めづらしき」「苗代の子水葱(こなぎ)が花を衣(きぬ)に摺(す)りなるるまにまに何(あぜ)かかなしけ」最初の1首、アシを燃やしたすすで妻は顔を黒くしているがいつもかわいいと詠む。次に、コナギの花で染めた着物はよれよれだがその姿は愛(いと)おしいと歌ったどちらの和歌も読み人知らずである。家事用具や農機具が十分でなく人手が頼りの時代とはいえ、労働にいそしむ健康的な「すす妻」「よれ妻」を詠んだ2首は、まさに「勤労感謝」の万葉歌である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

維新、みんなの党と共食い!大同団結一転17区で競合

来月16日投開票の衆院選で、候補の相互推薦など選挙協力する方針を確認している日本維新の会とみんなの党は、21日時点で、8都道府県17区もの小選挙区で、候補が競合することが分かった。一方、減税日本代表の河村たかし名古屋市長(64)は、維新との合流断念を表明。第三極の各党は、維新の石原慎太郎代表(80)が掲げた「大同団結」どころか、各地で潰し合いの直接対決を繰り広げる情勢となってきた。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍の「インフレ目標3%」に専門家から批判続々

 自民党の安倍総裁が主張する「インフレ目標3%」には怪しいにおいがプンプンする。当初は浮かれ、買い材料にしていた市場からも、「大風呂敷を広げすぎ」「平気で大ウソをつく」という批判の声が上がっている。 で、21日発表した政権公約では、さすがに「物価目標2%」と下方修正したのだが、安倍本人は「個人的には3%がよいと思っている」と発言。「3%」にこだわっていた

安倍の「インフレ目標3%」に専門家から批判続々 ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ圏:11月の総合景気指数45.8、10カ月連続縮小-債務危機が重し

 1122日(ブルームバーグ):ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた11月の経済活動 は前月から若干改善したものの、10カ月連続で縮小した。債務危機が引き続き信頼感への重しとなっていることが示された。

ユーロ圏:11月の総合景気指数45.810カ月連続縮小-債務危機が重し ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習近平政権「冷めた餃子」 暗い未来に同情

 今月15日に選出された中国共産党政治局常務委員の顔ぶれを見ていると、何だか習近平政権の暗い未来に同情したくなる思いである。7人の常務委員の大半は、大した実績も国民的人望もなく、未来へのビジョンも開拓の精神もいっさい持たない守旧型の党官僚ばかりだからだ。[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【共同通信】<不惑の日中>■「民主党の冒険主義で(日中の)衝突の危険性は増した」

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日本と中国の対立に出口が見えない。東京都の石原慎太郎知事が表明した尖閣購入計画で中国の世論に火が付き、尖閣に上陸した香港の活動家らの逮捕、強制送還をきっかけに中国内で反日デモが続発。領土問題という「パンドラの箱」が開いた様相だ。日中国交正常化40周年に噴き出した尖閣をめぐる日中の思惑、社会的変化などを探った。6月、日中関係に強い影響力を持つ唐家璇(とう・かせん)元国務委員が上海で行ったスピーチに日本人研究者らは驚いた。

 1972年9月当時の周恩来(しゅう・おんらい)首相と田中角栄首相による正常化交渉を紹介する中で「釣魚島問題で棚上げという重大な了解を達成した」と断言したからだ。棚上げ論の経緯について、中国政府はこれまで、副首相だった……<記事全文>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水野真紀 亭主の尻拭いで“ドブ板選挙”展開中

 きれいなおねえさんも選挙モード全開だ。 水野真紀(42)が夫で代議士の後藤田正純(43)の地元でドブ板選挙を展開中というので、関係者の間で話題になっている。

水野真紀 亭主の尻拭いで“ドブ板選挙”展開中 ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY五番街の驚くべき賃料 それでもユニクロが出店した理由

ニューヨークの高級ショッピングエリア、五番街では、商業用不動産の価格や店舗の賃貸料が過去最高の水準に達しており、全般的な景気が停滞する中で、高級不動産市場が踏みとどまっている様子がうかがえる。

NY五番街の驚くべき賃料 それでもユニクロが出店した理由←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇家の食事 1日1800kcal、化学調味料使わず塩分10g以内

 ともに78才というご高齢で、さらにご病気も抱え、体調も万全でないなか、ほとんど休みもなく“国民のために”と激務を続けられている天皇皇后両陛下。お体の健康を維持するため、日々、細心の注意を払われ、ケアしてこられたが、日々、どのようなお食事を召し上がっているのだろうか。「陛下は高校生の頃の体形をいまも維持されているんですよ。スーツなどの寸法はほとんど変わっていない。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばミスター民主党 失意の鳩山氏にかつての「友」の姿なし

 「ルーピー」(気が変)と呼ばれる珍奇な言動で政界をにぎわしてきた鳩山由紀夫元首相が21日、引退を表明した。夢想と現実の区別がつかず、虚言と食言で日本の国益を毀(き)損(そん)し続けたこれまでを思うと遅すぎる決断だ。とはいえ、「政権交代の立役者」(藤村修官房長…[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインは今年と来年の財政赤字目標を達成できない可能性-中銀総裁

 1121日(ブルームバーグ):スペイン銀行(中央銀行)のリンデ総裁によると、スペイン政府は今年と来年の財政赤字削減の目標を達成できない可能性がある

スペインは今年と来年の財政赤字目標を達成できない可能性-中銀総裁←続きを読む

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

イスラエルとハマスが停戦合意、エジプトと米国仲介

1121日(ブルームバーグ):イスラエルとパレスチナ自治区ガザの武装勢力ハマスが、エジプトと米国の仲介による協議の末、停戦で合意した。イスラエル軍とハマスは1週間余りにわたり空爆やミサイル攻撃による戦闘を続けてきた。

イスラエルとハマスが停戦合意、エジプトと米国仲介←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独連邦債に売り、独首相発言などでギリシャ懸念後退

... [ロンドン 21日 ロイター] 21日のユーロ圏金融・債券市場では、独連邦債がこの日も下落した。前日のユーロ圏財務相(ユーログループ)会合で対ギリシャ次回融資実施の合意が先送りされたが、会合後のメルケル独首相発言などを受け、ギリシャをめぐる懸念が軽減された。

独連邦債に売り、独首相発言などでギリシャ懸念後退←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スポーツコラム 脇田泰子】真紀子さんじゃなくてもわかる箱根駅伝

大学の数が多すぎる。田中真紀子文部科学大臣が提起し、あの騒動となった問題は、直後に降って湧いた解散・総選挙で、何となく棚上げに。

【スポーツコラム 脇田泰子】真紀子さんじゃなくてもわかる箱根駅伝←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【新出生前診断 臨床研究として導入へ 2回続きの1】流産で失う命救える 関沢明彦・昭和大准教授

 インタビューに答える関沢明彦昭和大准教授   妊婦から採取した血液で、ダウン症など胎児の染色体異常の有無を高精度で見分ける新たな出生前診断が、臨床研究として近く導入される見通しだ。出産する女性の年齢が高くなる中、関心も高い。どんなメリットがあり、課題は何か。臨床研究の発起人の一人、関沢明彦(せきざわ・あきひこ)・昭和大准教授と、超音波検査を中心にした胎児診療の第一人者、夫律子(ぷ・りつこ)医師に聞いた。    × ×  新たな出生前診断はどのような方法か。  「妊婦の血液を採取し、そこに含まれる胎児のDNAから染色体異常を調べる。検査が陰性なら検査は終了だが、異常を示す陽性が出た [記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座の名門クラブ記念本に寄稿した遊び人たち

「こういう依頼は、忙しいので、『やだよ』と思ったりするものですが、好きなママの本となれば別。『おれも書けるのか』とむしろ喜んだ」  こうつづっているのは、今は病に伏せっている歌舞伎役者の中村勘三郎(57)。銀座の高級クラブ「麻衣子」のオーナーママ、雨宮由未子さんが、開店からこれまでの足跡を振り返った記念本「寄り添う 銀座『クラブ麻衣子』四十年の証」を11月中旬に自費出版。店の常連客がママや銀座の思い出について寄稿しているのだが、その顔ぶれたるや有名企業の経営者、作家、文化人、芸能人がズラ

銀座の名門クラブ記念本に寄稿した遊び人たち←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家賃2倍アップでもベラボーに安い公務員宿舎

 政府が国家公務員宿舎の家賃2倍引き上げと、全国約1万カ所の宿舎半減をブチ上げた。自助努力により宿舎の建て替え費用や維持費を賄い、消費増税に理解を求めるのが狙いという。2年後から2018年度にかけて段階的に引き上げていくそうだが、だまされちゃいけない。2倍になったところで、格安家賃に変わりないのだ。

家賃2倍アップでもベラボーに安い公務員宿舎←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業界の異端児、エイチ・アイ・エス会長が語る「企業30年寿命説」

 業界の「異端児」がやることはいつも刺激的だった。格安の海外ツアー、LCC(格安航空会社)、経営難のハウステンボスへの参画…。ときに失敗もしたが、チャレンジ精神だけは失わない。うつむきがちな日本に今、こう呼びかけたくて本を書いた。「暗い話はやめて夢を語ろうよ!」(文・喜多由浩)   --今の日本、どこがダメですか 澤田 「悪循環」に陥ってますね。暗い話題ばっかりがクローズアップされるでしょ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本企業を手本に」、家電大手が総赤字でも侮れず―中国メディア

20121121日、日本企業の減益傾向が最近ますます顕著となっている。上半期年度報告書によると、3月期決算の日本企業1258社のうち、3社に1社が減益を予測しており、減益規模は2008年ぶりの高水準になる。中でも百年以上の歴史を持つソニー、シャープ、松下の3大家電メーカーは軒並み赤字が継続する見込みで、「日本家電メーカー総崩れ」と社会にショックを与えている。人民日報が伝えた。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党政権機密費35.2億円 「内ゲバ」「増税」に使用の可能性

 

 352000万円――。これは20099月の民主党政権発足以降、今年115日までに支出された官房機密費(内閣官房報償費)の総額だ。このうち野田政権下で使われたのは133000万円。 機密費は、国内外の機密情報の収集活動などにあてられる資金で、官房長官の判断で自由に使うことができる。自民党政権時代には国会対策費やマスコミ対策費として使われたといわれている。

 

記事全文

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で事故起こして運転免許停止  「それは本当なのか」と驚きの声

自転車に乗ってバイクと接触事故を起こし、バイク側が負傷したのに現場から逃走してしまった無職の男(61)が20121120日、奈良県警から自動車運転免許の停止処分を受けた。免許が必要ではない自転車の事故で、自動車運転免許が停止処分となるのは奈良県では初めて。全国的にも珍しく、「この処分って合法なの?」「これってアリなの?」などネット上には驚きの声が相次いでいる。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

【衆院選】近畿比例に西村真悟氏 日本維新の会

日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は20日夜、衆院選比例近畿ブロックの単独候補として、西村真悟元衆院議員を擁立する考えを明らかにした。

【衆院選】近畿比例に西村真悟氏 日本維新の会←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本を変えるか 衰退させるか - wasting time?

維新の会と太陽の党が合流した。さらにみんなの党との連携・合流も模索されている。過去何度も起こっては失敗した第三極の動きが本格化している。もともと野合の衆の民主党は崩壊への一途をたどるだろう。一方で自民党はどうか?いまさら再生出動で日本再生。公共事業100兆円。日銀にプレッシャーをかけて制限なき金融緩和を行うなどのバカバカしい政策を掲げれば選挙に勝てるというとんでもない勘違いをしている。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新と太陽 打算むき出し合流の末路

<右翼連合の出現に有権者は冷ややか>  暴走老人が厳しい合流条件を丸のみだ。橋下徹大阪市長(43)が率いる「日本維新の会」と、石原慎太郎共同代

維新と太陽 打算むき出し合流の末路←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下氏の街頭演説で騒然…震災がれき受け入れ反対派に「勝手な国民増えた」

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長が19日、大阪・難波の高島屋前で街頭演説を行った。大阪市の岩手県からの震災がれき受け入れに反対するグループが沿道の一角を占めて抗議の声を上げたのに対して、橋下氏が「いつからこんな勝手な国民が増えたのか」と挑発。橋下氏に賛同する歓声、反対する怒声が飛び交い、騒然となった。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中美絵子 ズルイ女の消せない過去

<「公認」欲しさに「増税賛成」>「民主党に残って一緒に頑張ってください」 解散当日、国会内の民主党幹事長室に離党届を持って訪れた1年生議員。その前に立ちはだかったのが、同じ1年生の田中美絵子(36)だ。 離党議員を待ち構える報道陣の前で、冒頭のように説得したが、カラダを張って制するわけではない。離党議員が「ゴメン」と、幹事長室に入っていくと、アッサリと引き下がってしまった。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP原則的に賛成…維新・石原代表が方針転換

 日本維新の会代表の石原慎太郎前東京都知事は20日、都内の日本外国特派員協会で講演し、環太平洋経済連携協定(TPP)について「原則的に賛成だ」と述べ、交渉参加を容認する考えを示した。 石原氏はこれまでTPP交渉への参加に慎重姿勢を示してきたが、TPP推進派の橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)との合流を決めたことで、方針転換した。 石原氏は「全面的に何もかも自由化するのは危険だ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国政政党14になりNHKが悲鳴 「夜は政見放送ばかりになる」

 1216日に投票が行なわれる総選挙の焦点は第3極の動向だが、これに頭を抱えているのがNHKだ。党首討論番組に関わるスタッフが明かす。「討論番組ではすべての党に公平に時間を割り振らなければならない。1人の発言を1分にしても、1時間番組では質問を4回しかできない。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解散で民主1年議員「殿ご乱心。新人はどうでもいいのかッ」

 引き金を引いたのは、解散表明前日の首相秘書官の一言だった。 それまで野田佳彦首相は離党を防ぐために1年生議員を交互に官邸に呼んで懇談会を開いていたが、突然、官邸から1113日の懇談のキャンセルが伝えられた。新人議員が理由を尋ねると、首相秘書官の1人は、「もはやそんな段階ではない」と言い放った。このとき、首相は翌日の党首討論での解散表明を決意していた。「殿、ご乱心だ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世襲批判の急先鋒、細野氏に「2世絶賛」の過去 ブログで「アドバンテージある」

 自民党の世襲問題を厳しく批判している民主党の細野豪志政調会長が以前、世襲議員の能力を高く評価していたことが分かった。次期衆院選を見据えて、民主党は、宿敵・自民党に世襲攻撃を仕掛けているが、これではむしろ、細野氏の二枚舌やご都合主義に批判が集まりかねない。 「2世を否定する意識はほとんどなくなりました」 細野氏は2006年9月17日、自らのブログに「がんばれ実現男」と名付けて、こう書き込んだ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田首相の“踏み絵”は憲法違反ではないのか

「野田首相の考え方についてこられないなら公認できない。党で決めたら反対していても守ると誓約書を書いてもらう」  解散直後から、あらゆる取材にこう息巻いているのが、民主党の安住淳幹事長代行(50)だ。「TPP交渉への参加推進」や「消費増税」に反対する候補者に踏み絵を迫り、従わなければ党公認を剥奪する考えだ。

野田首相の“踏み絵”は憲法違反ではないのか←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田親子の都合で解かれる「世襲禁止」

 民主党のマニフェストがまたひとつ、無きモノになろうとしている。  前回の衆院選で「現職国会議員の配偶者や3親等以内の親族が、地盤を継ぐことを認め

羽田親子の都合で解かれる「世襲禁止」←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

期限前に上告断念 小沢裁判無罪確定

 やっと座敷牢から解放だ。  資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で強制起訴された「国民の生活が第一」の小沢一郎代表(70)の裁判。東京高裁の控訴棄却を受け、対応を検討してきた検察官役の指定弁護士は、19日午前の最終協議で、最高裁への上告を断念、上訴権を放棄し、無罪が確定した

期限前に上告断念 小沢裁判無罪確定←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディアで有名、旅館女将「生活」公認に…岩手

 次期衆院選で新党「国民の生活が第一」が候補擁立を検討している岩手3区で、岩手県一関市の旅館経営、佐藤奈保美氏(46)が、立候補に向けて来週にも同党に公認申請する意向であることが31日、分かった。

 近く記者会見で正式表明する見通し。同党も前向きな姿勢を示しており、公認する方向で調整に入った。

 関係者によると、佐藤氏はすでに自身の政策集を「生活」に提出している。

 佐藤氏は旧東山町(現一関市)出身で、父親は2001年に引退した菅原喜重郎元衆院議員。菅原氏は、同党の小沢一郎代表(4区)が当時党首だった自由党に所属し、引退後も小沢氏の指名で自由党の県連会長代理に就任した。佐藤氏は菅原氏の公設秘書を務めた経歴を持つ。

 佐藤氏は08年1月に同市厳美町の温泉旅館「かみくら」の経営を始めた。同年6月の岩手・宮城内陸地震で休業に追い込まれたが、半年後に再び開業。こうした経緯が度々マスコミに取り上げられている。

 「生活」関係者は「父親のブランドに加え、旅館経営者としての知名度も期待できる」としている。

 3区には、民主党現職の黄川田徹復興副大臣、自民党新人の橋本英教氏、共産党新人の菊池幸夫氏が立候補を予定している。一関市は3区内の有権者の約4割が集中するほか、小沢氏の支持基盤が強く、各陣営は警戒を強めている。

20121111324 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏の「美人運転手」、北海道8区から出馬へ

国民の生活が第一の小沢一郎代表の「美人運転手」として週刊誌などで注目された北出美翔(きたで・みか)氏(26)が、来月実施の衆院選で北海道8区から出馬することが19日、決まった。8区は北出氏の出身地、函館市を中心とする選挙区で、民主党の逢坂誠二元総務政務官らと争うことになる。

小沢氏の「美人運転手」、北海道8区から出馬へ←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏の無罪が確定 指定弁護士、最高裁への上告断念

 政治資金規正法違反の罪で強制起訴され、一、二審とも無罪とされた「国民の生活が第一」代表・小沢一郎被告(70)について、検察官役の指定弁護士は19日、最高裁への上告を断念した。上告期限の26日を待たずに上訴権を放棄し、小沢氏の無罪が確定した。

 検察審査会による議決で強制起訴された事件はこれまでに6件あるが、判決が確定したのは初めて。

 3人の指定弁護士は19日、一審・東京地裁の無罪判決を支持した12日の二審・東京高裁判決の内容について協議した。その後、会見した大室俊三・指定弁護士は「単純な事実誤認だけの上告は適当でない。判例違反、憲法違反があるかどうか検討したが、見当たらなかった」と語った。上訴権放棄の理由については「少しでも早く被告の地位を解放するためだ。政治的配慮はない」と述べた。

 小沢氏をめぐっては、東京地検特捜部が2010年2月に不起訴(嫌疑不十分)としたが、検察審査会が2度にわたり「起訴すべきだ」と議決。11年1月に強制的に起訴された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党メルトダウン「自民に入党したい」とホザくトンデモ議員まで出てきた

 解散が決まって右往左往の民主党議員。生き残るためなら何でもアリなのか、民主自民の移籍を希望している議員までが出てきた。  究極の風見鶏は大阪1

民主党メルトダウン「自民に入党したい」とホザくトンデモ議員まで出てきた←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドッチラケ都知事選 猪瀬直樹副知事 楽々当選という絶望

 東京都知事選がドッチラケの展開になってきた。民主党などが立候補を要請していた舛添要一・新党改革代表(63)が「総選挙の対応に専念する」として出馬を

ドッチラケ都知事選 猪瀬直樹副知事 楽々当選という絶望←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀井静氏 新党結成へ 反TPP、山田元農相らと

 亀井静香前衆院議員は十九日、衆院選に向けて新党を結成する方針を固めた。民主党の山田正彦元農相は執行部に離党届を提出し、新党に参加する。亀井氏らが同日夕、都内で記者会見して正式発表する。環太平洋連携協定(TPP)反対を党是とし、略称は「反TPP」とする。消費税増税凍結、脱原発を主要政策とする。

 関係者によると、代表に山田氏、幹事長に亀井氏が就く方向で調整している。TPP交渉参加を掲げる日本維新の会や、みんなの党とは一線を画す。

 亀井氏は共同通信の取材に対し、既成政党と同じ条件で選挙戦に臨むための「政党要件」を満たす国会議員五人は確保できているとの認識を示した。

 山田氏は離党届提出後、記者団に「民主党はTPP推進を守れない人は公認しないと聞いた。民主党では戦えない」と話した。

 亀井氏は国民新党代表を務めていたが、消費税増税に反対し、代表を解任されて四月に離党した。石原慎太郎前東京都知事を党首とする新党結成も模索。石原氏がTPP推進派の日本維新の会との合流を目指したため、たもとを分かった。

 山田氏はTPP参加に反対し、離党の考えを明らかにしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人、自公民支部推薦の現職を122票差で破る

 愛媛県西条市長選は18日投開票され、新人で前県議の青野勝さん(55)(無所属)が、現職の伊藤宏太郎さん(69)(無所属=民主、公明、自民党西条支部推薦)と新人の飲食業稲井大祐さん(74)(無所属)を破り、初当選を果たした。

 2004年に旧西条、東予など2市2町が合併した現市政の運営などが大きな争点となり、市政批判を展開した青野さんが122票差で激戦を制した。投票率は64・13%(前回49・24%)。当日有権者数は9万2591人。

 旧東予市長を務めた青野さんは「現市政は市民との対話が不足している」と指摘。一方、伊藤さんは財政健全化へ取り組んできたとアピールし、市をほぼ二分する戦いとなった。

 「当選」の一報を受けた青野さんが西条市三津屋南の事務所に姿を見せると、支持者らから拍手が湧いた。万歳を繰り返した青野さんは「現職相手の厳しい戦いだった。情報公開を積極的に行い、市民とともに西条を変えていきたい」と抱負を述べた。

 青野さんは西条市出身で慶応大経済学部卒。JA周桑職員を経て、1995年に旧東予市長に初当選。合併までの3期9年余りを務めた後、2007年に県議に初当選し、2期目だった。

          ◇
 
当29,272青野  勝55無新

 29,150伊藤宏太郎69無現

    620稲井 大祐74無新
 
(選管確定)

201211192042 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀の連続緩和 20兆円圧力に迷走 独立性は名ばかり

 日銀は10月30日、国債などの資産買い入れ基金を11兆円増額する追加金融緩和を決めた。事前に野田佳彦政権から20兆円の基金増額の圧力がかかるなどして決めた、異例の2カ月連続の金融緩和だった。浮き彫りになったのは、政権の意向に翻弄される、「中央銀行の独立性」とは名ばかりの政策決定プロセスだ。自民党などからも一層の金融緩和を求める声が出ており、衆院選後はさらに厳しい立場に追い込まれそうだ。

ドラマ・企業攻防】日銀の連続緩和 20兆円圧力に迷走 独立性は名ば…←続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマ氏ミャンマー初訪問 対中切り崩しへ「一歩」 時期尚早との批判も

 【ヤンゴン(ミャンマー南部)=佐々木類】オバマ米大統領による初のミャンマー訪問は、民主化支援をテコに東南アジア域内の中国寄り国家の一角を切り崩す一歩となった。米政府はミャンマーとの軍事協力も進める考えだが、政治犯の完全釈放に至っていないことなどを理由に、米国…[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

最新情報シミュレーション 小沢無罪とTPPで野田民主は200議席減の大惨敗

<談合シナリオなど簡単に吹っ飛ぶ> 野田首相が年内解散を決めた。投開票は来月16日が軸だ。それもTPPへの参加表明を争点にするというから、大胆不敵というか、錯乱している。12日は「国民の生活が第一」の小沢代表の控訴審が棄却され、晴れて無罪が決定的になった。小沢は第三極の連携に向けて、フリーハンドを得る。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎と習近平 - 『月刊日本』編集部

 中国共産党は15日、新たな総書記に習近平国家副主席を選出しました。習近平はまた、胡錦濤が留任すると言われていた党中央軍事委員会主席にも選出されたため、党と軍の双方を握ることになりました。 朝日新聞の報道によれば、胡錦濤は自らが完全引退することと引き換えに、(1)いかなる党高官も引退後は政治に関与をしない(2)今後、軍事委主席も含めて引退期限を巡る人事での例外を認めない、との2点を内部規定として了承

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢さんって本当に先見の明があったんだ (見るべきほどのものは見つ)

 

『自民党の福田元総理大臣はNHKの取材に対し、「総理大臣当時、『ねじれ国会』で、いわゆる『大連立』の話もあったが、成立していれば少なくとも今のような状況はなかったのではないか。停滞を起こした責任を感じる。当時の民主党の小沢代表は『民主党のみんなは何もわかっていない』とわたしに言っていたが、事実だったことが3年間で証明された」と述べました。、わたしの内閣は『背水の陣』だったが、今は断崖絶壁ではないか。当時は外交関係が安定していたが、今はそれも崩れてしまった。』 
 
(NHKニュースweb
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121116/k10013551791000.html


 
この時の事は鮮明に憶えている。
 
私も 「小沢さんは一体何を言ってるの!? やっと政権交代がすぐそこまで来ているのに」 と憤ったものだった。

あの頃、民主党は輝いて見えた。
 
多士済々、有能な(!)若手がいっぱいいて、どれもこれも優秀でルックスも良くて etc. etc.

あの頃の自分の頭を叩いてやりたい気分だ。

福田さん、あなたの責任じゃありません。
 
よってたかって、あなたと小沢さんの足を引っ張った、民主党の議員たちと私みたいな民主党支持者のせいです。

小沢さんは、あの頃から民主党議員たちの能力の無さと定見の無さを分かっていたんだ。
 
昨日の解散宣言を見ていて、心から 「この3年間はいったい何だったんだろう。あの政権交代後の高揚はいったい何だったんだろう」 と言いようのない虚しさを感じてしまった。

その結果、石原氏のような、どう考えても国政の場に出してはいけない人間がしゃしゃり出て、おまけに異様にマスコミに持ち上げられる社会にしてしまった。
 
国内的にも国際的にも、断崖絶壁だ。

これ以上、ひどい状況にしてはいけない。
 
その為に、今度の選挙は非常に重要なのだ。
 
生活党が少しでも得票を伸ばせるように、応援するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院総選挙の争点2 「税と社会保障改革(1) 消費税増税か格差是正か」 安倍自民党は1%の金持ち政党

(自民党政権時代から庶民から吸い上げた消費税は結局法人税減税に使われてしまっていた)

 消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法は、2012年8月10日の参院本会議で採決され、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決、成立しました。現行5%の消費税率は平成26年4月に8%、27年10月に10%へ2段階で引き上げられることになっています。

この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【共同通信】<不惑の日中>


 
「日本はアジアの入り口として今も重要な国ですよ」 「トルコと中国は原子力発電所建設で協議を始める」。2月下旬、ババジャン・トルコ副首相の発表は、日本政府に衝撃を与えた。習近平(しゅう・きんぺい)中国国家副主席のトルコ公式訪問の直後だった。

 トルコは2023年までに3カ所での原発建設を計画しており、日本は2カ所目について独占交渉権を得ていた。だが東日本大震災で東京電力が撤退。日本政府のあいまいな姿勢にトルコ側はいらだっていた。……
<記事全文>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀の連続緩和 20兆円圧力に迷走 独立性は名ばかり

 日銀は10月30日、国債などの資産買い入れ基金を11兆円増額する追加金融緩和を決めた。事前に野田佳彦政権から20兆円の基金増額の圧力がかかるなどして決めた、異例の2カ月連続の金融緩和だった。浮き彫りになったのは、政権の意向に翻弄される、「中央銀行の独立性」とは名ばかりの政策決定プロセスだ。自民党などからも一層の金融緩和を求める声が出ており、衆院選後はさらに厳しい立場に追い込まれそうだ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原氏が目指す「首相」と「一大勢力構築」 亀裂要因も内包

衆院選の「台風の目」といわれた2人が、1つになった。石原慎太郎前東京都知事と橋下徹大阪市長。日本維新の会の全体会議でそろってひな壇に座り、固い握手を交わした。 「『暴走老人』の石原であります」 代表となった石原氏は、田中真紀子文部科学相が名付けたあだ名をここでも使って挨拶を始めた。 「最後のご奉公をしようと決心した」「私はワンポイント先発。橋下さんにバトンタッチしていく」…。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合流・連携は両刃の剣 第三極主軸・橋下氏の言動はつぶさに見られている

 大阪市長の橋下徹代表が率いる「日本維新の会」と石原慎太郎前東京都知事が共同代表の「太陽の党」の合流が決まった。次期衆院選の日程(12月16日投開票)が固まったことで各党とも臨戦態勢に入ったが、政策の違いがネックとなって“第三極勢力の結集”は思いのほか進んでいない。太陽の母体となった「たちあがれ日本」をめぐっては、看板理念の“真正保守”を橋下氏が痛烈に批判したことで、しこりも消えていない。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国に「尖閣大不況」到来か 習近平は負ける!中国「尖閣大不況」ズダボロ実情 vol.1

それは、凄まじいばかりの"反日の嵐"だった。「きっかけは9月11日、日本政府による尖閣諸島国有化宣言でした。これ以降、中国各地で過激反日デモが横行。"愛国無罪" [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田夫妻の訪朝、首相周辺が画策 北、焦燥感見抜き「じらし戦術」

 4年ぶりに行われた日本と北朝鮮の外務省局長級協議をめぐり、首相官邸サイドが外務省に早期開催の圧力をかけるとともに、首相周辺が横田めぐみさん=拉致当時(13)=の両親の訪朝計画も画策していたことが17日、判明した。[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

東京高裁が握り潰した水谷裏ガネ証言崩す新証拠

 14日、「国民の生活が第一」・小沢一郎代表の元秘書3人の控訴審第1回公判が開かれた。弁護側は、1審の推認判決が事実認定した「水谷建設からの裏金

東京高裁が握り潰した水谷裏ガネ証言崩す新証拠←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中良紹:違憲総選挙の行方


 
14日の党首討論で野田総理は選挙制度改革の実現を条件に「16日に解散する」と発言した。これに自民、公明の両党が協力する姿勢を打ち出したことから、12月16日・・・

田中良紹:違憲総選挙の行方←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺師宰相は12月上旬に何かを仕込んでいる

本日11月16日に衆議院が解散され、12月16日に投開票日を迎える。公示日は12月4日だ。12月16日には東京都知事選も実施される。 金融市場ではすでに自民党政権誕生を予測して、安倍晋三氏の発言に敏感に反応する状況が生まれている。 野田佳彦氏は策略を巡らせて解散日程を決め、発表したのだと思われる。 消費税に関する大きなウソを糊塗するために、「消費税増税をお願いする前にわが身を切る改革を行わねばならない」などと、空々しいセリフを並べ立てた。 議員歳費を2割削減する法案が可決・成立するとメディアが報じているが、制度として議員歳費を2割削減するものでない。定数削減が実現するまでの間だけなのだ。 ペテンのオンパレード状態である。 肝心要の「天下りとわたりの根絶」など、まったくやる気がない。 こんな日...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検察真っ青「無罪請負人」が仕掛ける宗男事件 再審請求

 控訴審で再び「無罪」となった小沢裁判では、検察の捜査手法をめぐるデタラメが明らかになった。捜査に携わった特捜部検事は市民団体に告発されているし、今後は検察審査会による強制起訴の可能性もある。検察のデッチ上げ体質が暴かれるのはこれからだが、そんな中、注目を集めているのが小沢の弁護人を務めた弘中惇一郎弁護士の動きだ。前衆院議員、鈴木宗男・新党大地代表(64)の事件について「再審請求」の準備を着々と進めているのである。

検察真っ青「無罪請負人」が仕掛ける宗男事件 再審請求←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元小沢秘書の石川知裕議員「1審判決を覆す自信ある」

「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する無罪判決は、予想通りの結果でした。冷静に受け止めましたね。  それよりも、気になったのは判決の「中身」で

元小沢秘書の石川知裕議員「1審判決を覆す自信ある」←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(1)政治主導 進まぬ福島の復興 宙に浮く指定廃棄物

 野田佳彦首相(55)が衆院を解散した16日、国会から北西へ230キロ離れた福島県川俣(かわまた)町の斎場では、東京電力福島第1原発事故により町内の仮設住宅で暮らす農業、広野太さん(63)が喪服姿で線香を手向けていた。同じ地区から避難中に病気で亡くなった70歳の男性の葬儀。この2週間で地区の住民5人が病死した。[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論説副委員長・高畑昭男 同盟脅かす米の「財政の崖」…対岸の火事ではない

再選を果たしたオバマ米大統領にとって、当面最大の課題が「財政の崖」の回避にあることは、既に多くの人が指摘する通りだ。

論説副委員長・高畑昭男 同盟脅かす米の「財政の崖…←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂乱首相の謀略解散全真相 鳩山元首相も間違いなく離党へ

 野田首相の解散宣言を受け、民主党は予想通りの離党ラッシュとなった。15日だけで小沢鋭仁元環境相、初鹿明博衆院議員(東京16区)、中川治衆院議員(大阪18区)ら7人が離党を表明。  山田正彦元農相も、超党派のTPP反対集会で「TPPを阻止する勢力を結集する時が来た」と挨拶。報道陣には「離党します」と明言した。15日の会見で離党を正式表明するとみられる。

狂乱首相の謀略解散全真相 鳩山元首相も間違いなく離党へ←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の「顔」も交代 42歳女性、外務省報道官に

中国外務省は16日、新しい報道官に女性の華春瑩・副報道局長(42)が就任すると発表した。平日は原則毎日会見に応じる外務省の「顔」となる。19日から登場する。

中国の「顔」も交代 42歳女性、外務省報道官に←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2%の原理・・・既存政党の無血開城 武田邦彦

選挙戦・・・2009年の「変革」の意味は何だったのだろうか?

日本が大東亜戦争に突入したのは、1)誰も戦争をしたくなかったのに、空気で戦争に突入した、2)日本を一歩離れると通用しない情報や論理が日本国内だけで通用する、という2つの問題があったと戦後、指摘され続けてきた. それは明治維新から約50年を経た2010年から顕著になった。

2%の原理・・・既存政党の無血開城←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

野田佳彦首相がヤケッパチの「自爆解散」宣言、「怒り」と「いきどおり」で決行、民主党滅亡へ - 板垣英憲

「11月16日、衆院解散、12月4日公示・16日投開票」が決まった。野田佳彦首相が、党首討論(14日)で自民党の安倍晋三総裁に「16日に衆院を解散する」と明言したことから一気に日程が確定した。「国民との約束を裏切り、消費税増税法成立を強行し、信用を失墜して、追い込まれた挙句の果て」にヤケッパチになっての事実上の「自爆解散」の宣言である。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新は“金欠”!? 選挙費用「自腹」に出馬希望者は及び腰 大阪経済界は距離

 来月16日の衆院選に向けて各党が走り出した。大阪市の橋下徹市長率いる「日本維新の会(維新)」も17日、次期衆院選の第1次公認候補(80人前後)を発表する。最終的には、衆院過半数の241人の擁立を目指すが、公認候補は自腹で数千万円もの選挙費用を用意しなければならない。頼みの維新人気が落ちているため、出馬希望者の中には及び腰になる者も増えている。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(上)国難、日本の未来かける1カ月 “寄り合い”民主、必然の瓦解 

 

 日本列島全体に閉塞感が漂う中、約3年4カ月ぶりに衆院が解散された。景気停滞、東京電力福島第1原発事故を受けたエネルギー政策の転換、脅かされる領土…。「国難」ともいえる現状を政治が打破できるのか。今回の衆院選はラストチャンスになるかもしれない。

【「決められない政治」のはてに】(上)国難、日本の未来かける1カ月 “寄り合…←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【肥田美佐子のNYリポート】失業はこうして乗り切れ―米キャリアコーチが指南

マンハッタンの観光名所、ロックフェラーセンターでのクリスマスツリー点灯式まで2週間を切った。1122日には感謝祭も控え、一大ホリデーシーズンが幕を開ける。

【肥田美佐子のNYリポート】失業はこうして乗り切れ―米キャリアコーチが指南 ←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国、習近平体制が発足-江沢民派が多数

 【北京】中国共産党は15日、習近平新総書記を始めとする新指導部を発表した。7人からなる新たな政治局常務委員は、江沢民前国家主席(86)に近い勢力が多数を占め、江氏が権力闘争の中で先手を打った形だ。

中国、習近平体制が発足-江沢民派が多数←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「違憲状態」のまま解散、弁護士ら無効提訴へ

 

 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)を是正するため、国会で「0増5減」が16日に成立する見通しだが、来月の衆院選には間に合わず、最高裁に「違憲状態」とされた区割りのまま選挙が行われる。 格差の是正を求めてきたグループの升永英俊弁護士は15日、東京・霞が関で記者会見し、来月の投票日翌日に選挙無効を求める計60件の訴訟を14高裁・支部に一斉提訴する方針を明らかにした。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ビデオ】これだけ知れば十分-米「財政の崖」を考える5つの要点

 

昨年8月、オバマ米大統領と連邦議会は本当に珍しいものを作った。「財政の崖」だ。彼らは、今後10年間で12000億ドル(約974000億円)もの財政赤字を削減するという案の代替案を見いだせなければ、年末に米国経済がこの崖を飛び越えてしまうような軌道に乗せた。

 

【ビデオ】これだけ知れば十分-米「財政の崖」を考える5つの要点) ←続きを見る

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斜面「あしたになれば、何とかなるわ」女優の森光子さん逝く

女優の森光子さんの訃報に接し、何冊かの本を手にとった。「人生はロングラン」(日本経済新聞出版社)は一代記だ。うしろを振り返らず生きていきたい―。そう念じてきた人が、なぜ振り返ったのだろう
   ◆
理由の一つが戦争である。森さんは25歳で終戦を迎える。「私たちの世代は戦争で青春が真っ暗になりました」。森さんはこう振り返り、自分の知る昭和をいま伝えておかないと、後の世には忘れられてしまう思いがあったという
   ◆
結核による戦後の闘病生活とは別に、命がけでくぐり抜けてきたトンネルが戦争―。フリーライターの長谷川正人さんは、37年にわたる取材をもとに「女優森光子」(本の泉社)に書いている。歌手になる夢は戦地の慰問に変わり、韓国や満州(中国東北部)、南方の島々を巡った
   ◆
「私は庶民派もなにも、歯も鼻も目も、みんな庶民ですよ」。軽い冗談を交えながら話すときの森さんは太陽のような笑顔になる、と長谷川さん。数々の苦難の壁を、たくましく突き抜けてきた人だからこその輝きを放っていると
   ◆
愛読書はマーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」。戦時中は敵国の小説だったけれど、包装紙などのカバーをかけ、電車の中でも読んでいた。森さんの信条は、主人公のスカーレット・オハラがつぶやく言葉「あしたになれば、何とかなるわ」。いつも前を向き続けてきた人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラエル、5旅団にガザ侵攻準備命令 ヨルダン川西岸にもロケット弾

 【カイロ=大内清】イスラエルからの報道によると、同国最大の商業都市テルアビブ周辺に15日から16日にかけ、イスラエル軍が大規模空爆を続けるパレスチナ自治区ガザ地区からロケット弾数発が飛来した。エルサレム郊外のヨルダン川西岸にも16日夕、ガザからのロケット弾が…[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々々・年内85円「まさかの円安シナリオ」の実現性

 早期解散で自民党政権誕生、円一段安の様相となってきました。私はこれまで何回かにわたり、「年内85円、まさかの円安シナリオの現実性」(http://nikkan-spa.jp/310028)というコラムを書いてきましたが、いよいよそんな感じになるのでしょうか。私は日本の政権交代とは違う理由で、円一段安の可能性があると考えています。◆安倍円安説への疑問 まずは2つの資料をご覧下さい。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

生活・街宣 有権者「民主党に裏切られた」「マスコミに騙された」 - 田中龍作

森ゆうこ議員(左)は、ドイツの脱原発事情などを有権者に報告した。=15日夕、有楽町。写真:田中撮影= 衆院解散を明日(16日)に控え「国民の生活が第一」が今夕、有楽町で街頭演説した。 夜の帳が降りきったイトシア前。街宣車に乗った森ゆうこ参院幹事長(左)らが「脱原発」「消費税増税反対」など党の基本政策を訴えた。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京高裁が握り潰した水谷裏ガネ証言崩す新証拠

14日、「国民の生活が第一」・小沢一郎代表の元秘書3人の控訴審第1回公判が開かれた。弁護側は、1審の推認判決が事実認定した「水谷建設からの裏金授受」を打ち消す新たな証拠を突きつけたが、東京高裁の飯田喜信裁判長は証拠請求を退けた。事件の「真相」は握りつぶされてしまうのか。

東京高裁が握り潰した水谷裏ガネ証言崩す新証拠 ←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オーソドックスな能力がない三文弁護士」 飯島勲氏が罵倒した橋下市長にお返し

小泉純一郎元首相のもとで首席秘書官を務めた飯島勲氏が、大阪市の橋下徹市長のツイッターの書き込みについて、雑誌の連載で「とことん検証することにした。ライフワークにさせてもらうからさ」と宣言した。飯島氏が別の雑誌の連載で橋下氏の道州制構想を批判したところ、橋下氏はツイッターで猛批判。これに対して飯島氏が反撃した形だ。

記事全文

橋下氏「いよいよ大戦」…自らの出馬は「ない」

 「人生1回きりの大勝負と何度か言ったが、いよいよ本当の意味での大戦。自分たちの政策が実現できるよう、議席を取ることに一点集中していく」。日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は14日、市役所で記者団を前に高揚して語った。

 ただ、自らの衆院選立候補については、「ないです」と改めて否定した。

 また、衆院選公約の「骨太2013―16」について、「ペーパーにするかどうかは正直、自信はない。何を聞かれても僕が答えます」と述べるなど、準備不足がうかがえた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル選 各党悲鳴  埋没の恐れ 陣営恨み節

 総選挙とダブル選となる12月16日投開票の東京都知事選。各党は石原慎太郎前知事(80)の急な辞職で知事選準備が整わないなか、政権交代含みの国政選挙まで抱え込むことになり、「知事選どころではない」と悲鳴に似た声も聞こえてくる。都知事選を通じた政策論争も低調になる恐れがあり、すでに立候補を表明した陣営からは恨み節も。首都のリーダーを選ぶ選挙が埋没しかねない。[記事詳細]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新 出馬3割保留で幹部焦り一気に選挙モード、各党・地方ドタバタ大車輪

 急転直下の解散表明から一夜明け、各党の地方組織は一気に選挙モードに突入した。 民主は離党者の続出でいまだに多くの「空白区」を抱え、第3極は擁立する候補者が不足するなど遅れが目立つ一方で、衆院解散に備… [ 事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<福島原発事故> 業過致死傷容疑で1万3000人告訴・告発

 東京電力福島第1原発事故で被ばく被害をもたらしたとして、全国の男女1万3262人が15日、当時の東電や国の幹部ら計33人に関し、業務上過失致死傷容疑などで福島地検に告訴・告発状を出した。6月の福島県民1324人に続く第2次集団告訴で、全47都道府県に参加者は広がり、弁護団によると過去最大の告訴となった。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<民主> 止まらぬ崩壊 6人が離党表明

 衆院解散をめぐる民主党内の動揺は収まらず、15日だけで衆院議員6人が離党の意向を相次いで明らかにした。民主党は離党届を受理していないが、与党は実質的に衆院で過半数割れとなった。党執行部は16日の解散直後に両院議員総会を開いて結束を求める方針だが、「首相批判一色で逆効果になる」との懸念も広がっている。 15日に離党届を提出したのは山崎誠(比例南関東)、富岡芳忠(比例北関東)両氏。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田元農相ら5人 民主離党へ 山田元農相が民主離党表明

 民主党の山田正彦元農相(長崎3区)は15日、都内で記者団に、離党の意向を明らかにした。富岡芳忠衆院議員(比例北関東)と山崎誠衆院議員(比例南関東)も同日、党執行部に離党届を提出した。また長尾敬衆院議… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習新総書記、対日強硬姿勢を示唆

 【北京共同】中国共産党トップの総書記に選出された習近平国家副主席は15日の内外メディア向けの会見で「近代以降、われわれの民族はしばしば苦難を味わった」とした上で「歴史のバトンを受け継ぐ」と述べた。日… [ 記事全文 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田首相 年内解散の陰に妻の要求「早く公邸を出たい!」

年内の衆議院解散を迫られ、決断の時を迎えている野田佳彦首相(55)1216日の東京都知事選とのダブル選挙も現実味を帯びてきたが、実は解散を求める声は野田首相の家庭内からも起こっていたという。「実は、妻の仁実さん(49)が『年内に解散してほしい』と野田首相に漏らしていたそうです」(民主党関係者)なぜ、仁実さんは解散を望んでいるのか?「仁実さんは、かねて公邸での生活に息苦しさを感じているようで、最近は『早く公邸

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共産党一党独裁への大衆の不満増幅 江沢民氏らの勢力、なお強い影響力

 【北京=河崎真澄】中国共産党は第18回党大会の閉幕を受け、第18期中央委員会第1回総会(1中総会)を15日、北京で開催し、胡錦濤氏(69)の後任である新たな総書記(党内序列1位)に習近平国家副主席(59)を選出した。党のトップ交代は10年ぶり。これにより習指導部が正式発足した。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

12月16日投開票 政府・民主

 【産経新聞号外】衆院16日解散 12月16日投開票[PDF]←クリック

公明党の山口那津男代表も記者会見で、定数是正について「解散の後の次の国会で行うならば、十分合意は可能だと思っている」と述べた。

 各党は衆院選に向けて、候補者擁立作業や公約づくりを急ぐことになる。ただ、民主党内では解散反対論が拡大しており、鹿野道彦前農林水産相のグループは両院議員総会の開催を輿石東幹事長に求めることを決めた。

 また、民主党の小沢鋭仁元環境相が離党し、日本維新の会に合流することになった。次期衆院選に山梨1区から維新の公認候補として出馬する。維新幹事長の松井一郎大阪府知事が明らかにした。閣僚経験者の維新の会参加は初めて。

 党首討論に先立ち、首相は14日午後、官邸で輿石氏と会談し、12月16日に衆院選を実施したいと伝えた。

 民主党は14日夕、自民、公明両党に特例公債法案と衆院選挙制度改革関連法案を15日の衆院本会議で採決する日程を提案した。自公両党は持ち帰ったが、応じる方向だ。

【産経新聞号外】衆院16日解散 12月16日投開票[PDF] ←クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コラム】現時点では欧州投資の回避を勧める=Wファーゴのクリストファー氏

ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズのチーフ国際ストラテジストのポール・クリストファー氏は、投資家が欧州に投資を再開するのは時期尚早だとの見方を示した。欧州の混乱は収束からは程遠いとみていることが理由だという。

【コラム】現時点では欧州投資の回避を勧める=Wファーゴのクリストファー氏←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スポーツコラム石川勝美】石川遼はスランプではない 単に下手なのである

 男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズで11日、遼が2年ぶりの勝利を得た。勝てない期間に「スランプですか?」と聞かれることがよくあったので、スランプについて申し上げたい。  スランプとは一流のプレーヤーが原因不明の不調に長期間陥ることだと私は解釈している。例えば、イチローに1カ月ヒットがなければスランプ。ダルビッシュが1年で10勝以下ならスランプ。遼の場合はまず、一流プレーヤーとは言えない。次に原因不明ではない。唯一当てはまる項目は「長期間」であった。  不調の原因をスランプと片付ける姿勢はよしとしない。逃げの姿勢になる。遼のケースでいえば、スランプではなく単に下手なのである。実力が十[記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新情報シミュレーション 小沢無罪とTPPで野田民主は200議席減の大惨敗

 野田首相が年内解散を決めた。投開票は来月16日が軸だ。それもTPPへの参加表明を争点にするというから、大胆不敵というか、錯乱している。12日は「国民の生活が第一」の小沢代表の控訴審が棄却され、晴れて無罪が決定的になった。小沢は第三極の連携に向けて、フリーハンドを得る。年内解散、TPP、小沢無罪という3つの条件で、選挙シミュレーションをしてみると、民主党の歴史的大惨敗が見えてきた。

最新情報シミュレーション 小沢無罪とTPPで野田民主は200議席減の大惨敗 ←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習近平が握る中国の運命 - カテキン

中国では共産党党大会が開催されている。その映像を見た方も多いと思うが、画面からなにか非常にピリピリしたムードを感じたのは私だけではあるまい。このピリピリ感は、まさに権力闘争が現在進行形で進んでいることを証明するものであろう。1990年から30年余り、私は中国を身近で見てきた訳だが、これまでの30年間とこれからの10年つまり習近平が国家を導くこの10年は全く違った性質のものになると思う。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自殺者相次ぐ、スペインの住宅ローン危機

 住宅の差し押さえを迫られた人々の自殺が相次いだことから、スペイン政府は「もっとも弱い立場にある人々の立ち退きを一時的に停止する」ことを宣言した。11日に行われた政治集会におけるマリアノ・ラホイ首相の宣言は、大きな驚きをもって迎えられた。政治的なポーズだという醒めた見方が出るほどだ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.14 - 岡留安則

■11月某日 石原慎太郎が平沼赳夫とともに共同代表として立ち上げた新党の名称は「太陽の党」。岡本太郎が大阪万博の為に造った「太陽の塔」や芥川賞をとった「太陽の季節」、「太陽の家」を想起させるが、新党としては月並みすぎてインパクトに欠ける。石原自身が第三局をつくるためにはこの党名は消えてもいいと言いきっているのだから、しまらない話だ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災がれき説明会 抗議グループが大騒ぎ「ふざけんな!」

「何をするんや! ふざけんな!」。雷雨の中、激しい怒号が飛び交った。13日夜、大阪府と大阪市が開催した東日本大震災で発生したがれき試験焼却の説明会。抗議するグループ約40人が会場の此花区民ホールの建物に侵入し、逮捕者を出す騒ぎに発展した。 府市によると、グループは昼すぎから会場周辺に集まり、老人福祉センターや図書館を併設する区民ホールの建物に侵入。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3極結集、視界不良…小沢系と二分化が鮮明に

 13日に太陽の党を結党した石原慎太郎前東京都知事は次期衆院選に向け、日本維新の会、みんなの党との「大同団結」を急ぐ考えだが、政策協議が終わらず、結集への道のりは視界不良だ。 「国民の生活が第一」の小沢代表との連携は否定しており、第3極は小沢氏主導のグループとの二分化が鮮明になりつつある。 石原氏は13日の結党記者会見で、「太陽の党はほんの一過程に過ぎない。必ず選挙の前に大同団結する。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今日の突破口】ジャーナリスト・東谷暁 火事場泥棒の政策

いよいよ野田佳彦政権は追い詰められて、解散・総選挙に向かわざるを得なくなっている。ところが、ここにきて政策案の推進が急に活発になっているのだ。

【今日の突破口】ジャーナリスト・東谷暁 火事場泥棒の政策←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二期連続大赤字は“ 負の遺産”からの手切れ金? 崖っぷちのパナソニックに見え始めた「復活への光」

■黒字から一転、大幅赤字へ転落崖っぷちのパナソニック業績予想

 1031日、パナソニックは20133月期の業績予想を、それまでの500億円の黒字から7650億円の赤字へと大幅な下方修正を行なった。これによって同社は、2期連続で7000億円を超える大幅な赤字を計上することになる。配当も63年ぶりに無配に落ち込む。わが国を代表する電機メーカーが、まさに崖っぷちに立たされているのである。

 株式市場は、この大幅下方修正を嫌気して一斉に売りを浴びせ、株価は年初来安値を幾度も繰り返す軟調な展開になった。同じ家電メーカーのシャープ、ソニーの業績も苦戦を強いられており、かつて世界市場を席巻した我が国の家電メーカーは、その威光を完全に失った格好だ。

 国内外の投資家からは、「日本の家電メーカーの業績低迷、株価下落は、現在の日本を象徴する存在になってしまった」との声が聞かれる。

 今回のパナソニックの大幅赤字の背景には、中国経済の減速などで家電製品の販売が伸び悩んでいることに加えて、過去の企業統合などに係る7000億円を越える“負の遺産”の後始末が大きなマイナス要因となっている。

 20133月期に“負の遺産”を償却することで、とりあえず後ろ向きの重荷を清算できるものの、今後の業績回復には稼げるビジネスモデルをつくることが必要になる。

 一方、アップルやサムスンは、スマートフォンやタブレットPCなどの売れ筋製品を武器に、日本の家電メーカーとは比べ物にならない収益を上げている。

続きを読む : わが国の家電メーカーが軒並

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

バランス欠いた小沢批判

「小沢氏2審無罪」それでも小沢氏批判を続けるマスメディア社説

この記事を筆者のブログで読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【岩手日報】のコラム<風土計>■陸山会事件とは何だったのか 

「潮目を変える」。陸山会事件の一審で昨年12月、こんな言葉をめぐる珍問答が交わされた。証拠改ざん事件で実刑判決を受けた前田恒彦元検事の証人尋問だ

元検事は大久保隆規元秘書の取り調べを担当。釜石市出身の大久保元秘書が調べの雰囲気を変えたいという意味で言った「潮目」が気に入り調書に使った。後に自分が逮捕された時の供述も、この言葉を「パクって」調書に取られたと明かし、法廷を笑わせた

裁判の潮目も、冗舌な元検事の証言で明らかに変わった。検察が「特捜部と小沢の全面戦争」と意気込む捜査の内幕を洗いざらい暴露し、証拠隠しの実態を告白する。「私が裁判官なら小沢さんは無罪」とまで言い切った。

<記事全文>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢裁判 指定弁護士の見苦しい「言い訳」と「負け惜しみ」

 小沢裁判の高裁判決は、検察官役を務めた3人の指定弁護士にとって屈辱的な中身だった。小沢の無罪だけでなく、1審が認定していた元秘書らの虚偽記載についてまで「不合理」として認めなかった。指定弁護士側にとっては1審より後退する内容で、「完敗」だった。

小沢裁判 指定弁護士の見苦しい「言い訳」と「負け惜しみ」 ←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発爆発への備え(技術編)

どんなに万全を尽くしていても、人間のやることは間違いがある。特に原発や航空機、船舶などの高度な技術を要するものは、危険で一杯である。だから、「万全の安全性と万が一の備え」の二つがなければ到底、使うことはできない。

原発爆発への備え(技術編)←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月のドイツZEW景況感:マイナス15.7、予想外の悪化-債務危機で

 1113日(ブルームバーグ):ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた11月の独景況感指数は予想に反して悪化した。ユーロ圏債務危機で景気見通しが暗くなった。

11月のドイツZEW景況感:マイナス15.7、予想外の悪化-債務危機で←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のここが怖い、上位は「雇用流失」「軍事力」「米国債保有」―米国世論調査

20121110日、人民網は記事「米国民は中国が雇用を奪うと恐れている、世論調査で判明」を掲載した。【その他の写真】米調査機関ピュー・リサーチ・センターが実施した世論調査によると、米国民の66%が中国を競争相手と考えていた。パートナーとの回答は16%にすぎない。中国の台頭は米国民以外にも強く意識されている。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「筋を通して孤立」亀井静香の悲哀!

石原新党ブチ上げで「また裏切られたね」と、奇妙な同情を呼んでいるのが亀井静香・元国民新党代表(75)だ。数年前から石原さんに決起を促してきたのに、また土壇場でソデにされたからである。今年4月、亀井さんは本誌特捜班に「大丈夫、新党のお膳立ては済んだ。石原さんは会うたびに"暇だ、暇だ"といっているから。あとは石原さんの決断だけ。アメリカでブチ上げるから」と話していた。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内衆院選めぐり対立顕在化 首相に民主内から退陣論 

 年内の衆院選をめぐり13日、野田佳彦首相と民主党との対立が顕在化した。首相が関係者に意向を伝えたのを受け、党常任幹事会は「年内解散に反対」を確認。輿石東幹事長が首相に伝達した。党内からは首相退陣論も出ている。これに対し自民、公明両党は22日までの解散を目指し法案の審議促進など攻勢を強めた。輿石氏は衆院選挙制度改革関連法案をてこに解散先送りを狙う構えで、同法案をめぐる首相の決断が鍵を握る。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「核廃絶は無理」橋下氏に広島知事「勉強不足」

 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長が核兵器廃絶について「現実的には無理」などと発言したことを受け、広島県の湯崎英彦知事は13日、定例記者会見で「そうじゃないという議論もたくさんある。よく勉強してほしい」などと苦言を呈した。 橋下氏は10日、遊説先の広島市で記者団に対し、核兵器廃絶について「理想としては(廃絶)。でも、それは全部が(核を)持たないことができて初めて成り立つ。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

560万件の顧客情報紛失=旧型の記録媒体を誤廃棄か―三菱東京UFJ

 三菱東京UFJ銀行は13日、約560万件の顧客情報を紛失したと発表した。顧客名や口座番号、取引額などを記載した小型フィルム2万4000枚を誤って廃棄した可能性が高いという。同行は「外部流出の可能性は極めて低く、不正利用は確認していない」(広報部)としている。 紛失した情報は、旧UFJ銀行などの全国240支店が1995年から2005年にかけて取引した個人・法人顧客の記録の一部。

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

検察敗北 小沢裁判控訴棄却  5年越し謀略に決着

 長い裁判にようやく決着がついた。「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の政治資金収支報告書の虚偽記載をめぐる裁判である。東京高裁の小川正持裁判長は12日、1審の無罪判決を維持し、控訴棄却を言い渡した。 「本件控訴を棄却する」と裁判長が告げると、小沢代表は顔色を変えないまま、ゆっくり一礼した。晴れて小沢の無罪が決まったわけだが、歴史家はこの日のことを特記すべきだ。

検察敗北 小沢裁判控訴棄却  5年越し謀略に決着←続きを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eクラブがロータリーを変える革新性 現在会員数71名を達成。更なる会員増強を継続 泉州KUMATORIロータリーEクラブ(国際ロータリー2640地区)

泉州KUMATORIロータリーEクラブ←詳細クリック

2012727日に泉州KUMATORIロータリークラブがEクラブに変更し、泉州KUMATORI ロータリーEクラブとして認証された。所在地は、全世界(使用言語は日本語)現在会員数71名を達成。更なる会員増強を継続。

例会は、毎週金曜深夜0時より翌週金曜深夜0時までとなっており、Eクラブとしての第一回例会は83()の午前0時(深夜)よりホームページ上にて開催している。入会金1.5万円・月会費5千円(年会費6万円)

 

ロータリーEクラブとは、オンラインで例会を開くロータリー クラブ。6年間の試験期間を経て、201071日より正式に国際ロータリーの加盟クラブとなった。

新しいかたちでロータリーを体験できるEクラブは、多くの会員にとって魅力となっている。 Eクラブは、基本的に通常のクラブと変わらない。会員は奉仕活動を行い、ロータリー財団を支援し、親睦とネットワークを培っている。通常のクラブと違いがあるとすれば、Eクラブは124時間アクセス可能である。  Eクラブも地区に属するが、会員はロータリーのある国ならどの国や地域に住んでいても構わない。身体的事情、地理的事情、仕事のスケジュールなどの理由で、週例会に行くことができないという事業・専門職・地域のリーダーにとって、Eクラブは、ロータリークラブ入会の可能性をもたらす選択肢となっている。

また、Eクラブは、会員だけがアクセスできる専用のウェブサイトや、インターネット上での会費納入システムなど、技術的な面で数々の条件がそろっていなければならない。

Eクラブでのメークアップ

Eクラブの例会に出席して、欠席した例会のメークアップを行うことができる。

 

「解説」国際ロータリー 

ロータリーは、事業と専門職および地域社会のリーダー約120万人が集まる国際的組織です。ロータリー・クラブの会員は「ロータリアン」と呼ばれ、人道的奉仕を行いながら、すべての職務における高い倫理基準を奨励し、世界の親善と平和の確立に寄与しています。

200を超える国や地域に、33,000以上のロータリー・クラブが存在しています。クラブは、特定の政治や宗教にかかわらず、すべての文化、人種、信条に開かれた団体です。「超我の奉仕」というロータリーの標語に象徴されるように、ロータリーの主な目的は地域社会や職場、および世界での奉仕にあります。ロータリアンは毎週の会合で、危機下の児童擁護、貧困および飢餓救済、環境、識字向上、暴力といった現代の最も深刻な問題の数々に取り組む地域社会奉仕プロジェクトを計画しています。さらに、青少年プログラムを支援、キャリア開発を推進するほか、学生、教員、その他の社会人のための教育の機会や国際交流プログラムなども提供しています。

泉州KUMATORIロータリーEクラブ←詳細クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏無罪判決 捜査報告書問題にも飛び火 元検事ら処分の事態

 小沢一郎被告の公判をめぐっては、東京地検が検察審査会に提出した捜査報告書に虚偽の記載があったことが判明し、報告書を作成した元検事を含む5人が処分される事態に発展した。

 報告書は地検特捜部が元秘書、石川知裕衆院議員(39)を再聴取した際に作成。この中には、以前の聴取で、政治資金収支報告書の記載について小沢被告の関与を認めた理由について、石川議員本人が「『選挙民を裏切ることになる』と検事に言われたことが効いた」と述べたとの記載があった。

 しかし、公判に証拠提出された石川議員の隠し録音記録から、こうした発言はなかったことが判明。4月の1審東京地裁判決も「事実に反する報告書を作成し、検審の判断を誤らせることは決して許されない」とし、「事件の見立てに沿う供述を獲得することに力を注いでいたことがうかがえる」と捜査を批判した。

 法務省は報告書を作成した田代政弘元検事(45)を減給処分とし、田代元検事は辞職。当時の特捜部長ら4人も処分された。田代元検事は虚偽有印公文書作成罪などで告発されたが不起訴となり、市民団体が検審に審査を申し立てている。

笑顔の小沢氏

政治資金規正法違反罪に問われた新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対して東京高裁は12日、一審に続き無罪を言い渡した。写真は同日、国際交流プロジェクトの歓迎会で笑顔を見せる小沢氏=東京都渋谷区【時事通信社】

記事全文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本誌インタビューで永田町騒然 小沢一郎の「W選挙戦略」

本誌が先週号(11月9日号)で6ページにわたって掲載した小沢一郎氏(70)の独占インタビューが永田町を騒然とさせている。小沢発言の真意は一体、どこにあるのかと、与野党の幹部が色めき立っているからだ。剛腕が最終的に描く選挙戦略はどのようなものなのか。石原新党や橋下維新ら第三極をのみ込むのか。改めて探った。