« 車椅子が要らなくなる? 「STAP細胞」で何が実現されるのか | トップページ | 予想下回る米雇用:こうみる »

2014年2月 9日 (日)

「小さいおうち」原作者・中島京子氏が語る安倍政権の危うさ怖さ…

山田洋次監督の映画「小さいおうち」(松竹)が評判だ。戦争がいかにして、ふつうの人々の生活に忍び込んでいくのかを描いたものだが、ゾッとするのは今の時代との類似点だ。ちょうど、幻に終わった昭和15年の東京五輪が決まった頃で、人々は五輪招致と好景気に浮かれている。

「小さいおうち」原作者・中島京子が語る安倍政権の危うさ怖さ←続きを読む

|

« 車椅子が要らなくなる? 「STAP細胞」で何が実現されるのか | トップページ | 予想下回る米雇用:こうみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59096751

この記事へのトラックバック一覧です: 「小さいおうち」原作者・中島京子氏が語る安倍政権の危うさ怖さ…:

« 車椅子が要らなくなる? 「STAP細胞」で何が実現されるのか | トップページ | 予想下回る米雇用:こうみる »