« 政策決定で金融安定リスクへの配慮必要な可能性=米連銀総裁 | トップページ | 「まるで八百長」 視察した専門家が見たTPP交渉“猿芝居” »

2014年3月 1日 (土)

【ビットコイン】 どの程度の規制が適切か、各国と協議に入るときだ / 利用者はリスクにも目を向けねばならない

【信濃毎日新聞】<社説>どの程度の規制が適切か、各国と協議に入るときだ  世界で急速に普及したインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が揺らいでいる。  通貨の売買を仲介する都内の大手取引所「マウントゴックス」が取引を全面停止し、4億ドル(約400億円)と推定される顧客の資産消失が懸念される事態になったからだ。……  ハッカーの攻撃で口座の資産が失われたとの見方もあるが、代表は所在不明のまま。当局が捜査に乗り出すことも予想される。代表は早急に事情を説明するべきだ。  顧客の資金を預かる以上、取引所には透明性や公平性の確保が求められる。政府は免許制などの規制措置を急ぐ必要がある。  難しい [記事全文] 

|

« 政策決定で金融安定リスクへの配慮必要な可能性=米連銀総裁 | トップページ | 「まるで八百長」 視察した専門家が見たTPP交渉“猿芝居” »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59216175

この記事へのトラックバック一覧です: 【ビットコイン】 どの程度の規制が適切か、各国と協議に入るときだ / 利用者はリスクにも目を向けねばならない:

« 政策決定で金融安定リスクへの配慮必要な可能性=米連銀総裁 | トップページ | 「まるで八百長」 視察した専門家が見たTPP交渉“猿芝居” »