« 「ストッパ下痢止めEX」は朝のトイレ行列がヒント | トップページ | ウクライナ軍事介入、欧米反発 »

2014年3月 3日 (月)

【安保法制懇】 人選も議論も偏りすぎだ

【神戸新聞】<社説>今回もほぼ同じ顔ぶれだ  「安全保障に関する有識者懇談会(安保法制懇)」の座長代理を務める北岡伸一国際大学長が活発に発言している。  憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認にとどまらず、海外で自衛隊が米軍と軍事行動を展開する法改正などにも言及する。いずれも「専守防衛」を逸脱した内容だ。  政府に報告書を提出するのは4月の予定だが、いち早く政府方針の見直しを公言する。今国会での憲法解釈変更を目指す安倍晋三首相の地ならしとも受け取れる。  だが、法制懇は安倍首相の私的諮問機関で、法令に基づかない。国の根幹に関わる問題を託すには責任や役割が曖昧だ。正当性を疑問視する声が上 [記事全文] 

|

« 「ストッパ下痢止めEX」は朝のトイレ行列がヒント | トップページ | ウクライナ軍事介入、欧米反発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59228880

この記事へのトラックバック一覧です: 【安保法制懇】 人選も議論も偏りすぎだ:

« 「ストッパ下痢止めEX」は朝のトイレ行列がヒント | トップページ | ウクライナ軍事介入、欧米反発 »