« 【共同通信】<日本再生考>■乗り越えるべき超自我がなくなった | トップページ | オバマ米大統領、東欧でのNATOプレゼンス強化を主張 »

2014年3月26日 (水)

漁協が地下水放出容認 検査や風評対策要望 福島原発の汚染水対策

 東京電力福島第1原発事故の汚染水対策として、原子炉建屋に入る前の地下水をくみ上げ海に放出する「地下水バイパス」計画について、福島県北部の相馬双葉漁業協同組合(相馬市)は24日、相馬市内で会議を開き、実施を認める方針を決めた。県南部のいわき地区の漁協も同様に受け入れを決めており、県内の漁協の方針が一致した。  県漁業協同組合連合会(県漁連)は25日に開く組合長会議で、国と東電に対し、海に流す水の検査や風評被害対策を求める要望書を出し、容認の考えを伝える。  東電は県漁連からの要望を受け、地下水バイパスの具体的な手順づくりを急ぐ方針。これまで慎重姿勢を続けてきた漁協の容認で、大量の汚染水を減ら[記事全文]

|

« 【共同通信】<日本再生考>■乗り越えるべき超自我がなくなった | トップページ | オバマ米大統領、東欧でのNATOプレゼンス強化を主張 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59356930

この記事へのトラックバック一覧です: 漁協が地下水放出容認 検査や風評対策要望 福島原発の汚染水対策:

« 【共同通信】<日本再生考>■乗り越えるべき超自我がなくなった | トップページ | オバマ米大統領、東欧でのNATOプレゼンス強化を主張 »