« ロシア軍侵攻、警戒強まる 情報つかめず欧米難渋 | トップページ | 8年制薬剤師は何のために作られるのか? »

2014年3月31日 (月)

【STAP論文問】理研の対応後手に 不正認定の有無が焦点 

理化学研究所の 小保方晴子研究ユニットリーダーらが、新たな万能細胞とされたSTAP細胞の作製を発表してから29日で2カ月。世界的な注目を集めた論文に次々と疑惑が持ち上がる異例の展開にもかかわらず、小保方氏らは姿を見せないままで理研の対応は後手に回り続けた。4月にも予定される理研の最終報告は、研究不正を認めるかどうかが焦点だ。

【STAP論文問】理研の対応後手に 不正認定の有無が焦点 ←続きを読む

|

« ロシア軍侵攻、警戒強まる 情報つかめず欧米難渋 | トップページ | 8年制薬剤師は何のために作られるのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59385033

この記事へのトラックバック一覧です: 【STAP論文問】理研の対応後手に 不正認定の有無が焦点 :

« ロシア軍侵攻、警戒強まる 情報つかめず欧米難渋 | トップページ | 8年制薬剤師は何のために作られるのか? »