« 原発再稼動へまっしぐら 「ベースロード電源」というマヤカシ | トップページ | 【震災里親】 高齢の里親、悩み深く  孤児「死んじゃ駄目」 »

2014年3月 2日 (日)

ドル下落、米GDP下方修正やユーロ圏インフレ指標受け

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 28日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで2カ月ぶりの安値をつけた。2月のユーロ圏インフレ率が安定化の兆しを示したことで、欧州中央銀行(ECB)の緩和観測が後退した。一方、第4・四半期の米国内総生産(GDP)改定値が大幅に下方修正されたこともドルを圧迫した。

ドル下落、米GDP下方修正やユーロ圏インフレ指標受け←続きを見る

|

« 原発再稼動へまっしぐら 「ベースロード電源」というマヤカシ | トップページ | 【震災里親】 高齢の里親、悩み深く  孤児「死んじゃ駄目」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59222069

この記事へのトラックバック一覧です: ドル下落、米GDP下方修正やユーロ圏インフレ指標受け:

« 原発再稼動へまっしぐら 「ベースロード電源」というマヤカシ | トップページ | 【震災里親】 高齢の里親、悩み深く  孤児「死んじゃ駄目」 »