« 発覚! 政府が対米ロビー活動でドブに捨てた7000万円 | トップページ | 初登板を境に一変…マー君に“すり寄り”始めたヤ軍ナイン »

2014年3月 6日 (木)

【被災地の要介護認定増加 】 施設再開も受け入れ限界  家族の負担深刻

 「赤井江マリンホーム」で昼食をとる入所者=2月、宮城県岩沼市  東日本大震災の被災地では、仮設住宅などでの避難生活の長期化に伴い、要介護認定者の増加が続く。本格復旧し業務を再開した介護施設でも職員不足などから、さらなる高齢者の受け入れは限界に近い。被災自治体からは「在宅介護を余儀なくされる家族の負担増は深刻だ」との声も聞かれる。  入所希望殺到  「おいしい?よくかんで食べてね」。2月23日正午、宮城県岩沼市の特別養護老人ホーム「 赤井江 (あかいこう) マリンホーム」の真新しい食堂に昼食のため約30人の入所者が集まった。自力で動けない人も多いため、職員7人が手分けして口元まで食事を運ぶ[記事全文]

|

« 発覚! 政府が対米ロビー活動でドブに捨てた7000万円 | トップページ | 初登板を境に一変…マー君に“すり寄り”始めたヤ軍ナイン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59244624

この記事へのトラックバック一覧です: 【被災地の要介護認定増加 】 施設再開も受け入れ限界  家族の負担深刻:

« 発覚! 政府が対米ロビー活動でドブに捨てた7000万円 | トップページ | 初登板を境に一変…マー君に“すり寄り”始めたヤ軍ナイン »