« 【STAP細胞論文不正問題】 ネット上の「検証」広がる 誰でも参加、報道が後追い | トップページ | 買い控え長期化で襲来する「消費増税倒産ラッシュ」 »

2014年4月13日 (日)

G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視 2014

[ワシントン 11日 ロイター] -ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は11日、米国に対し国際通貨基金(IMF)改革案を年末までに批准するよう求め、批准できなかった場合は米国抜きでIMF改革を進めるとする共同声明を採択して閉幕した。

記事の  

|

« 【STAP細胞論文不正問題】 ネット上の「検証」広がる 誰でも参加、報道が後追い | トップページ | 買い控え長期化で襲来する「消費増税倒産ラッシュ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59459577

この記事へのトラックバック一覧です: G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視 2014:

« 【STAP細胞論文不正問題】 ネット上の「検証」広がる 誰でも参加、報道が後追い | トップページ | 買い控え長期化で襲来する「消費増税倒産ラッシュ」 »