« 小保方論文問題 早期幕引きで浮上する野依理事長「辞任説」 | トップページ | G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視 2014 »

2014年4月13日 (日)

【STAP細胞論文不正問題】 ネット上の「検証」広がる 誰でも参加、報道が後追い

 不正があったと認定された「STAP細胞」の論文の疑惑を最初に指摘したのは、インターネットの検証サイトだった。その後、理化学研究所の 小保方晴子 (おぼかた・はるこ) 研究ユニットリーダーの博士論文に疑いの目を向けたのもツイッターで、新聞やテレビが後追いした。こうした構図が広がる背景には、ネット上の言論空間が進化し、誰でも検証に参加できるようになったことがある。

【STAP細胞論文不正問題】 ネッ上の「検証」広がる 誰でも参加、報道が後追い←続きを読む

|

« 小保方論文問題 早期幕引きで浮上する野依理事長「辞任説」 | トップページ | G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視 2014 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59459573

この記事へのトラックバック一覧です: 【STAP細胞論文不正問題】 ネット上の「検証」広がる 誰でも参加、報道が後追い:

« 小保方論文問題 早期幕引きで浮上する野依理事長「辞任説」 | トップページ | G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視 2014 »