« 百貨店で買い物 安倍首相“増税パフォーマンス”に非難の嵐 | トップページ | 原発避難計画 後付けは許されない 【信濃毎日新聞】<社説>■事故発生時の対応をあいまいにしたまま、見切り発車することは許されない 原発再稼働などおぼつかない実態が、また一つ浮かび上がった。 »

2014年4月 9日 (水)

渡辺代表辞任【下野新聞】<コラム>■「政治に金がかかる」という「現実」に「理念」が敗れたようにも見える

 「渡辺さんがいま造反しました」。知り合いの記者がくれた電話、それが通信社よりも早い第一報だった▼渡辺喜美氏は2008年1224日、野党民主党が提出した衆院解散決議案に与党からただ一人賛成した。当時の麻生太郎政権への明らかな反旗だった。翌09年1月には自民党を離党し、同年8月の「みんなの党」結成に突き進んだことは、本県の有権者ならよく知るところだ▼公務員制度改革に取り組んだ行革担当相当時、帰宅するなり玄関で胃を押さえ、倒れ込んでしまったことがあると離党直後に妻まゆみさんが明かしている。連日の徹夜作業が一番の原因と医師に言われたという▼公務員制度改革とは、国民からすると、例えば景気や公共事業の問題よりもやや実感の薄い「理念」の部類に入るのではないか。それでも地元を中心に多くの有権者がその「理念」の政治家と新党を支持した。もっとも地元には父美智雄氏の代からの「渡辺党」だからという人も少なくないのだが▼驚きの離党から5年。渡辺氏は今度は8億円という巨額の借り入れ問題で世間を驚かせ、きのう党代表の辞任を表明した。それは「政治に金がかかる」という「現実」に「理念」が敗れたようにも見える。これで一件落着となるかは分からない。渡辺氏にとって公務員制度改革以上の試練はこれからだろう。

 

|

« 百貨店で買い物 安倍首相“増税パフォーマンス”に非難の嵐 | トップページ | 原発避難計画 後付けは許されない 【信濃毎日新聞】<社説>■事故発生時の対応をあいまいにしたまま、見切り発車することは許されない 原発再稼働などおぼつかない実態が、また一つ浮かび上がった。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59437495

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺代表辞任【下野新聞】<コラム>■「政治に金がかかる」という「現実」に「理念」が敗れたようにも見える:

« 百貨店で買い物 安倍首相“増税パフォーマンス”に非難の嵐 | トップページ | 原発避難計画 後付けは許されない 【信濃毎日新聞】<社説>■事故発生時の対応をあいまいにしたまま、見切り発車することは許されない 原発再稼働などおぼつかない実態が、また一つ浮かび上がった。 »