« 直ちに値上げ考えず | トップページ | 飛び火恐れ…党内で飛び交うみんな渡辺代表「追放クーデター」 »

2014年4月 1日 (火)

【袴田巌さんの再審請求】  「僕らが裁かれている」 死刑判決、重い苦しみ

 記者会見で袴田巌さんについて問われ、顔をしかめる元裁判官の熊本典道さん=2月、静岡県庁  1966年11月に始まった 袴田巌 (はかまだ・いわお) さん(78)の一審は裁判官3人の合議制だった。福島地裁白河支部から静岡地裁に裁判官として着任した 熊本典道 (くまもと・のりみち) さん(76)は途中から審理に加わった。   石見勝四 (いしみ・かつし) 裁判長に頼み、あらためて罪状認否をしてもらうと、袴田さんは正面を見据え「私はやっておりません」と言った。公判が終わり、熊本さんが石見裁判長に話し掛けた。「どうやら僕らの方が裁かれているみたいですね」  唐突に発見された「犯人の衣類」。静岡県警[記事全文]

|

« 直ちに値上げ考えず | トップページ | 飛び火恐れ…党内で飛び交うみんな渡辺代表「追放クーデター」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59390879

この記事へのトラックバック一覧です: 【袴田巌さんの再審請求】  「僕らが裁かれている」 死刑判決、重い苦しみ:

« 直ちに値上げ考えず | トップページ | 飛び火恐れ…党内で飛び交うみんな渡辺代表「追放クーデター」 »