« 追加緩和は"二度目の偽薬" | トップページ | :【小学教科書検定】 考える糸口を摘むな / 政権の顔色をうかがうような教科書づくりになっていないか / これで児童の「考える力」は育つのだろうか 信濃毎日新聞 »

2014年4月 6日 (日)

:【渡辺氏借金問題】 作戦空回り、深まる窮地 使途説明で手詰まり感

みんなの党の渡辺喜美代表が8億円借り入れ問題をめぐり、窮地に追い込まれている。違法性を否定して切り抜ける作戦は空回りし、与野党からの批判は収まらない。党執行部は内部調査の結果を15日にも示して沈静化を図る構えだが、具体的な使途の明示までは困難なのが実情だ。党内では代表辞任論が地方組織にまで拡大、渡辺氏の手詰まり感は色濃くなった。

:【渡辺氏借金問題】 作戦空回り、深まる窮地 使途説明で手詰まり感 ←続きを見る

|

« 追加緩和は"二度目の偽薬" | トップページ | :【小学教科書検定】 考える糸口を摘むな / 政権の顔色をうかがうような教科書づくりになっていないか / これで児童の「考える力」は育つのだろうか 信濃毎日新聞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59419052

この記事へのトラックバック一覧です: :【渡辺氏借金問題】 作戦空回り、深まる窮地 使途説明で手詰まり感 :

« 追加緩和は"二度目の偽薬" | トップページ | :【小学教科書検定】 考える糸口を摘むな / 政権の顔色をうかがうような教科書づくりになっていないか / これで児童の「考える力」は育つのだろうか 信濃毎日新聞 »