« 涙で言葉詰まらせ「それでも、STAP現象は真実です」 | トップページ | 米国株に「バブル」の兆候 »

2014年4月10日 (木)

「鬼平閻魔帳」まるで集団リンチの記者会見 科学者としての小保方晴子さんを信じたい。

 

科学の事は、良くわからない。小保方晴子さんの記者会見を見た。小保方さんより科学知識の劣る記者達が、かわるがわる質問を繰り返す様子は、テレビを見る者にとっては集団リンチによる拷問のように見えた。それでも詫びる所は詫び、科学者として自説を一歩も譲らなかった。200回以上STAP現象を確認しました。STAP細胞は、存在します。見事である。科学論文の書き方に少しのミスがあったとしても現実にSTAP現象が立証されればそれで問題は無い筈である。だからこそ理研がSTAP細胞を世紀の発見として発表した。それをやっかむ科学者たちが小保方潰しを図ったのだろう。一度は、小保方さんをノーベル化学賞にも匹敵する「世紀の大発見」と持ち上げたマスコミの責任はどうとるのだろう。多分、小保方晴子さんを捏造、虚偽者として科学界から抹殺するのだろう。ならば、理研も今回の責任を取り、解散すべきではないか。「トカゲの尻尾切り」で終わらせてはならない。小保方さんは、さっさと理研を辞め、アメリカの研究機関に移籍をしてSTAP細胞の研究をつづける事を提案したい。頑張れ小保方晴子博士。伸びようとする若者の芽を摘んではならない。稲葉鬼平

|

« 涙で言葉詰まらせ「それでも、STAP現象は真実です」 | トップページ | 米国株に「バブル」の兆候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59443242

この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼平閻魔帳」まるで集団リンチの記者会見 科学者としての小保方晴子さんを信じたい。:

« 涙で言葉詰まらせ「それでも、STAP現象は真実です」 | トップページ | 米国株に「バブル」の兆候 »