« 欧州株式市場=仏ブイグとイリアドが売られ反落、ウクライナ懸念重し | トップページ | 【琉球新報】<金口木舌>血の通った社会保障を【口から食べる幸せ】社会保障の充実と税の改革は一体で-との政府の国民への約束は偽りだったのか »

2014年4月 8日 (火)

理研と電撃和解の可能性も 小保方さん「逆襲」の切り札

「STAP細胞は捏造ではありません」――STAP細胞の論文問題で、クロ判定を受けた小保方晴子さん(30)が放ったカウンターパンチが、じわじわ理研を追い詰めているようだ。当の小保方さんは「入院してもいいですか?」と、今週中に予定されている反撃会見の中止をほのめかしたというが、その裏で、「手打ちが進んだ」という声もある。

理研と電撃和解の可能性も 小保方さん「逆襲」の切り札←続きを読む

|

« 欧州株式市場=仏ブイグとイリアドが売られ反落、ウクライナ懸念重し | トップページ | 【琉球新報】<金口木舌>血の通った社会保障を【口から食べる幸せ】社会保障の充実と税の改革は一体で-との政府の国民への約束は偽りだったのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59431983

この記事へのトラックバック一覧です: 理研と電撃和解の可能性も 小保方さん「逆襲」の切り札:

« 欧州株式市場=仏ブイグとイリアドが売られ反落、ウクライナ懸念重し | トップページ | 【琉球新報】<金口木舌>血の通った社会保障を【口から食べる幸せ】社会保障の充実と税の改革は一体で-との政府の国民への約束は偽りだったのか »