« 米財務省、債務上限到達でも優先度の高い支払い可能との見解表明 | トップページ | ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感 »

2014年5月11日 (日)

【関西歴史事件簿】秀吉の“非人間性”ここに極まる

豊臣秀吉の厳しいバテレン追放令の下、逮捕された24人のキリシタンは慶長2(1597)年1月、京都・一条戻り橋で全員、左耳を切り落とされると、血に染まった傷口を覆う間もなく、市中を引き回れた。そこで秀吉から下った処刑の命。しかも、850キロ先の長崎の刑場まで歩くという過酷ものだった。それから1カ月にわたるキリシタンたちの死への長い旅路は始まった。

【関西歴史事件簿】秀吉の“非人間性”ここに極まる←続きを読む

|

« 米財務省、債務上限到達でも優先度の高い支払い可能との見解表明 | トップページ | ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59622758

この記事へのトラックバック一覧です: 【関西歴史事件簿】秀吉の“非人間性”ここに極まる:

« 米財務省、債務上限到達でも優先度の高い支払い可能との見解表明 | トップページ | ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感 »