« 【解説 集団的自衛権】 行使条件 「防波堤」機能に疑問符 都合よく解釈の余地 | トップページ | 「大飯原発」再稼働認めず…福島事故後、初判決 定期検査中の3、4号機 福井地裁大飯原発3、4号機の運転差し止めを求めた訴訟の判決で、「差し止め 認める」 »

2014年5月22日 (木)

戦争・弱肉強食政治排し平和・共生政治実現

5月23日(金)に開催される「小沢一郎議員を支援する会」主催のシンポジウム 『小沢一郎が語る これからの日本の政治と外交』 を日本政治再刷新の起点と位置付けてゆくべきであると考える。 政治の本来の主役は主権者である国民だ。 主権者の 主権者による 主権者のための 政治 を実現しなければならないことはあたりまえのことだ、 しかし、この、あたりまえのことを実現することが難しい。 現実は、 既得権の 既得権による 既得権のための 政治  に陥っている。 既得権とは、 米国であり、 官僚機構であり、 大資本である。 この米官業のトライアングルが日本政治を完全支配してしまっている。 そして、米官業トライアングル勢力=日本の既得権の「手先」として活動しているのが、 利権政治屋および利権政治集団 と 御用...

» 続きを読む

|

« 【解説 集団的自衛権】 行使条件 「防波堤」機能に疑問符 都合よく解釈の余地 | トップページ | 「大飯原発」再稼働認めず…福島事故後、初判決 定期検査中の3、4号機 福井地裁大飯原発3、4号機の運転差し止めを求めた訴訟の判決で、「差し止め 認める」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59684310

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争・弱肉強食政治排し平和・共生政治実現:

« 【解説 集団的自衛権】 行使条件 「防波堤」機能に疑問符 都合よく解釈の余地 | トップページ | 「大飯原発」再稼働認めず…福島事故後、初判決 定期検査中の3、4号機 福井地裁大飯原発3、4号機の運転差し止めを求めた訴訟の判決で、「差し止め 認める」 »