« ブラック企業の烙印を押された代償は大きい | トップページ | 小泉&細川が再び共闘 「原発ゼロ社団法人」は新党の準備か »

2014年5月 9日 (金)

焦点:急接近のフィリピン・ベトナム、「中国包囲網」強化へ共闘

[マニラ/香港 10日 ロイター] -フィリピン海軍は今年6月、約40年前にベトナムに奪われた南シナ海に浮かぶ南子島に再び向かう。目的はベトナム海軍兵とビールを飲み、バレーボールを楽しむためだ。この計画は、領有権の主張を強める中国に対抗するため、かつて対立していた両国が進める連携強化の象徴とも言える。

焦点:急接近のフィリピン・ベトナム、「中国包囲網」強化へ共闘←続きを読む

|

« ブラック企業の烙印を押された代償は大きい | トップページ | 小泉&細川が再び共闘 「原発ゼロ社団法人」は新党の準備か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59610560

この記事へのトラックバック一覧です: 焦点:急接近のフィリピン・ベトナム、「中国包囲網」強化へ共闘:

« ブラック企業の烙印を押された代償は大きい | トップページ | 小泉&細川が再び共闘 「原発ゼロ社団法人」は新党の準備か »