« 「鼻血で批判されるのは人権侵害」 渦中の前双葉町長が憤り | トップページ | 時価総額1兆円超! リクルート上場で“億万長者社員”続出 »

2014年5月15日 (木)

【進む「老老介護」 現実直視し対策を 】不安なく在宅介護できる仕組みの整備はいっこうに進んでいない【紀伊民報】<社説>


 
介護疲れによる「共倒れ」が増加 「老老介護」が進んでいる。県の調査では、要支援・要介護者(65歳以上)に対する介護者の2人に1人は高齢者、4人に1人が75歳以上だった。

 2004年度から3年ごとに実施している高齢者生活意識調査で判明した。04年度の介護者年齢は、65歳以上が39・2%と4割に満たなかったが、07年度は49・7%、10年度51・6%と5割を超え、13年度は56・3%に。75歳以上だけでみた場合では、04年度は18・4%だったが、07年度は21・8%、10年度23・4%、13年度24・7%と年ごとに進行している。

 世帯構成を見ると「65歳以上の配偶者と二人暮らし」「単身」など約60%の世帯で、家族全員が高齢者だった。04年度は約45%であり「老老介護」の進行が著しいことが分かる。

 心配は、介護疲れによる「共倒れ」が増加していること。調査によると、介護者の健康状態が「あまりよくない」「よくない」は計3割。介護者の半分近くが「精神的な負担」を、3割が「身体的負担」を感じていた。

 「介護を手伝ってくれる人がいない」と答えた人も2割。こうした状態が心身に与えるストレスは大変なものだろう。……<記事全文>

|

« 「鼻血で批判されるのは人権侵害」 渦中の前双葉町長が憤り | トップページ | 時価総額1兆円超! リクルート上場で“億万長者社員”続出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59645233

この記事へのトラックバック一覧です: 【進む「老老介護」 現実直視し対策を 】不安なく在宅介護できる仕組みの整備はいっこうに進んでいない【紀伊民報】<社説>:

« 「鼻血で批判されるのは人権侵害」 渦中の前双葉町長が憤り | トップページ | 時価総額1兆円超! リクルート上場で“億万長者社員”続出 »