« ECBが6月に行動するかは依然不透明=独連銀総裁 | トップページ | 【解説 集団的自衛権】 行使条件 「防波堤」機能に疑問符 都合よく解釈の余地 »

2014年5月22日 (木)

【34連勝でストップ】マー君メジャーで初黒星 7連勝ならずも非凡さ見せつけ

 

 

 カブス戦の6回に追加点を奪われ、ベンチに戻るヤンキース・田中将。次の回に代打を出されて4失点で降板した=シカゴ(共同)  ヤンキース・田中将大が敗戦投手となった。日本シリーズなどを除くレギュラーシーズンで、2012年8月19日の敗戦を最後に勝ち続けてきた右腕にとうとう土がついた。6連勝を重ねていた大リーグでの初黒星で、連勝街道は「34」でストップ。  雨模様の中、適地シカゴで20日行われたカブス戦で、田中は6回で8安打を喫した。味方の拙守にも足を引っ張られ、ヤンキース入り以来では自己ワーストの4失点(自責点3)の内容だった。わずかな制球の甘さをつかれ痛打を浴びたとあって、「悔しい。今日は自 [記事全文] 

 

|

« ECBが6月に行動するかは依然不透明=独連銀総裁 | トップページ | 【解説 集団的自衛権】 行使条件 「防波堤」機能に疑問符 都合よく解釈の余地 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59684305

この記事へのトラックバック一覧です: 【34連勝でストップ】マー君メジャーで初黒星 7連勝ならずも非凡さ見せつけ:

« ECBが6月に行動するかは依然不透明=独連銀総裁 | トップページ | 【解説 集団的自衛権】 行使条件 「防波堤」機能に疑問符 都合よく解釈の余地 »