« 悪い賃上げが招く失速リスク | トップページ | 【福島第1原発の現状】(2014年4月28日) 凍土遮水壁に強い懸念 6月着工不透明に »

2014年5月 2日 (金)

【格安ピーチに試練】機体が海面に異常接近するトラブルと機長不足による大幅減便が重なり、経営への悪影響が避けられそうにない

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは、機体が海面に異常接近するトラブルと機長不足による大幅減便が重なり、経営への悪影響が避けられそうにない。2012年3月の運航開始以来、安さを武器に事業を拡大してきたが、減便で運賃収入が減少するだけでなく、顧客の離反を招く心配もあり、試練に直面している。  ピーチは「空飛ぶ電車」のキャッチコピーで手軽さをPR、ピンクの機体が親しまれてきた。国内線なら片道1万円以下で乗れることも多く「飛行機は高い」というイメージを覆した。搭乗率は好調で、14年3月期の純損益は初の黒字が見込まれている。  しかし、低運賃にするため、食事などのサービスをそぎ落とすだけ [記事全文]

|

« 悪い賃上げが招く失速リスク | トップページ | 【福島第1原発の現状】(2014年4月28日) 凍土遮水壁に強い懸念 6月着工不透明に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59568580

この記事へのトラックバック一覧です: 【格安ピーチに試練】機体が海面に異常接近するトラブルと機長不足による大幅減便が重なり、経営への悪影響が避けられそうにない:

« 悪い賃上げが招く失速リスク | トップページ | 【福島第1原発の現状】(2014年4月28日) 凍土遮水壁に強い懸念 6月着工不透明に »