« 同盟国にくすぶる「米国不信」 | トップページ | 一度は行きたい世界遺産20選 »

2014年5月 1日 (木)

【Q&A 生殖医療法案】代理出産容認に異論も 夫婦間の治療は対象外

 代理出産を限定的に認めるなど、生殖補助医療に関する法案を自民党のプロジェクトチームがまとめました。  Q 規制の対象は。  A 妻以外の女性に受精卵を移植して産んでもらう代理出産や、夫婦以外から精子や卵子の提供を受けて行う体外受精など、第三者が介在するタイプの不妊治療です。夫婦が自らの精子と卵子を使って行う体外受精は対象ではありません。  Q これまではどうだったの。  A 法による規制はなく、事実が先行しています。第三者の精子を使った人工授精は主に医学部の学生からの提供で1940年代から行われ、これまでに1万人以上が生まれたとされています。卵子の提供は、国内でも姉妹間であるようですが、近 [記事全文]

|

« 同盟国にくすぶる「米国不信」 | トップページ | 一度は行きたい世界遺産20選 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59562047

この記事へのトラックバック一覧です: 【Q&A 生殖医療法案】代理出産容認に異論も 夫婦間の治療は対象外:

« 同盟国にくすぶる「米国不信」 | トップページ | 一度は行きたい世界遺産20選 »