« ダイムラーと高級ブランド連携 | トップページ | 【STAP細胞】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲 »

2014年6月28日 (土)

コラム:日本株、「80年代バブル」の二の舞あるか=丸山俊氏

[東京 27日] - 現在の日本株が置かれている状況は1980年代後半にますます似てきている。当時を振り返ると、中曽根康弘首相・竹下登大蔵大臣(87年より首相)がプラザ合意後の円高不況対策として積極的な財政出動に舵を切るとともに、澄田智日銀総裁に利下げを迫り、86年から89年まで低金利政策が続いた。

コラム:日本株、「80年代バブル」の二の舞あるか=丸山俊氏←続きを読む

|

« ダイムラーと高級ブランド連携 | トップページ | 【STAP細胞】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59888264

この記事へのトラックバック一覧です: コラム:日本株、「80年代バブル」の二の舞あるか=丸山俊氏:

« ダイムラーと高級ブランド連携 | トップページ | 【STAP細胞】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲 »