« コラム:日本株、「80年代バブル」の二の舞あるか=丸山俊氏 | トップページ | 【河北新報】■最終処分場と医学部キャンパス 取引懸念、栗原で再び »

2014年6月28日 (土)

【STAP細胞】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲

 若山照彦氏の解析結果で判明した矛盾   STAP細胞の有無を調べる理化学研究所の検証実験が進む中、専門家の間で「STAP細胞は存在しないだろう」という見方が広がっている。論文共著者の若山照彦山梨大教授の分析や、理研の研究者によるゲノム解析という科学的なデータが存在を強く疑問視したからだ。  理研発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は「相当否定的な状況ということは認識している」と明かす。小保方晴子氏は検証実験への参加に強い意欲を見せるが、科学者らを納得させる結果を再現できるか。  15番染色体  「決定打だ。存在しないという証拠になり得る」。理研の改革委員会の委員だった市川家 [記事全文]

|

« コラム:日本株、「80年代バブル」の二の舞あるか=丸山俊氏 | トップページ | 【河北新報】■最終処分場と医学部キャンパス 取引懸念、栗原で再び »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59888265

この記事へのトラックバック一覧です: 【STAP細胞】若山氏の分析は「存在しない証拠」 小保方氏は再現に意欲 :

« コラム:日本株、「80年代バブル」の二の舞あるか=丸山俊氏 | トップページ | 【河北新報】■最終処分場と医学部キャンパス 取引懸念、栗原で再び »