« 年金資金「株運用」に重点…129兆円は博打に消えるのか | トップページ | 【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】天木直人・ ここまで書かれ、おしゃべりされたら、拉致問題は終わったも同然だ »

2014年6月 7日 (土)

「法廷のダンス クラブ裁判が問うたもの」5回続きの(1)  「風俗営業じゃない」 文化の発信地を自負

 判決後の記者会見で「無罪」と書かれた紙を掲げる金光正年さん=4月25日午後、大阪市北区  「ちょっとやってみてもらえますか」。弁護人の求めに、証人の女性が証言台の横に立ち、恥ずかしそうにステップを踏み始めた。裁判官が身を乗り出すようにして凝視する。大阪地裁の法廷でそんな場違いな光景が見られたのは昨年10月、風営法違反(無許可営業)の罪に問われた大阪のクラブ「 NOON (ヌーン) 」の経営者、 金光正年 (かねみつ・まさとし) (51)の裁判でのことだった。  DJなどの音楽に合わせダンスを楽しむクラブは1990年代以降、ディスコに取って代わり若者たちの遊び場になった。多くは酒を飲みながら[記事全文] 

|

« 年金資金「株運用」に重点…129兆円は博打に消えるのか | トップページ | 【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】天木直人・ ここまで書かれ、おしゃべりされたら、拉致問題は終わったも同然だ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59772213

この記事へのトラックバック一覧です: 「法廷のダンス クラブ裁判が問うたもの」5回続きの(1)  「風俗営業じゃない」 文化の発信地を自負:

« 年金資金「株運用」に重点…129兆円は博打に消えるのか | トップページ | 【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】天木直人・ ここまで書かれ、おしゃべりされたら、拉致問題は終わったも同然だ »