« ブログ:「アナと雪の女王」と潜在成長率 | トップページ | プロポフィールにかき消されたノバルティス【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】天木直人 »

2014年6月15日 (日)

サバもカツオも激減…政府の“怠慢”で「和食文化」大ピンチ

 ニホンウナギが国際団体から絶滅危惧種に指定されて大騒ぎだが、乱獲などが原因で漁獲量が激減しているのはウナギだけじゃない。クロマグロ、スケトウダラ、サバ、カツオ……。  ホッケも最近、魚体が小さくなってきたという。 「例えば太平洋で水揚げされるクロマグロ。ほとんどが未成魚で、スーパーで安い刺し身として売られています。まだ成長しないうちに取り過ぎてしまうことで、産卵可能なクロマグロの資源量はいまや過去最低の水準に近づいています」(水産ジャーナリスト)  そうしたことから、水産庁は今年3月、有識者を集めて「資源管理のあり方検討会」を設置。7月にも報告を取りまとめる方針だ。  続きを読む 

|

« ブログ:「アナと雪の女王」と潜在成長率 | トップページ | プロポフィールにかき消されたノバルティス【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】天木直人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59817252

この記事へのトラックバック一覧です: サバもカツオも激減…政府の“怠慢”で「和食文化」大ピンチ :

« ブログ:「アナと雪の女王」と潜在成長率 | トップページ | プロポフィールにかき消されたノバルティス【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】天木直人 »