« 【イスラム国とイラク軍】少数精鋭、領土獲得狙いか 規律欠く軍と対照的 | トップページ | 【福島民報】■中間貯蔵運搬「不安」75.3% 本社県民世論調査 »

2014年6月26日 (木)

【福島民報】■事故後10年全て20ミリシーベルト未満 帰還困難区域除染後の線量 国が試算


 
 政府は23日、東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域で除染を行った場合、事故発生十年後の空間放射線量が大半の地域で避難指示解除の要件となる年間20ミリシーベルト(毎時3.8マイクロシーベルト)を下回るとする試算結果を発表した。ただ、個人の年間被ばく線量は大半が12~2ミリシーベルトで、政府が除染の長期目標とする「1ミリシーベルト以下」を上回ると推計。今回の試算結果が、帰還時期を見通す指標になるかは不透明だ。
 
 空間放射線量が年間50ミリシーベルトを超える帰還困難区域では、本格的な除染が行われていない。政府は昨年9月から今年2月までに大熊、双葉両町の帰還困難区域の一部で除染モデル実証事業を実施。結果を基に、除染した場合の事故十年後までの空間放射線量を初めて試算した。 ………(6月24日)<記事全文

|

« 【イスラム国とイラク軍】少数精鋭、領土獲得狙いか 規律欠く軍と対照的 | トップページ | 【福島民報】■中間貯蔵運搬「不安」75.3% 本社県民世論調査 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59878191

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島民報】■事故後10年全て20ミリシーベルト未満 帰還困難区域除染後の線量 国が試算:

« 【イスラム国とイラク軍】少数精鋭、領土獲得狙いか 規律欠く軍と対照的 | トップページ | 【福島民報】■中間貯蔵運搬「不安」75.3% 本社県民世論調査 »