« 自衛権最終案  本質の議論が足りない・こんな生煮えの議論で、戦後約70年にわたる平和国家の歩みを変えていいのだろうか。 | トップページ | 外形標準課税拡大で狙い撃ち 中小「100万社」倒産リスク »

2014年6月29日 (日)

【教員の多忙】「先生も負けるなよ」

【神奈川新聞】<照明灯>小、中、高校時代の恩師たちのことを時折、思い出す。   教えを受けた内容より、立ち居振る舞いや癖をよく覚えている。昔の先生は今どきのように忙しかったのだろうかと考える中学校の教員を対象にした経済協力開発機構(OECD)の国際調査によると、1週間の仕事時間は日本が53・9時間と、参加した34カ国・地域で最長だった。書類作りなどの事務、部活動など課外活動の時間が特に多い横浜市教育委員会の実態調査でも、同様の結果が出ている。市立小、中、特別支援学校の教職員の9割が「多忙」と感じ、6割が勤務時間外に授業準備を行っている。ある小学校の男性教諭は早朝に登校して始業前に授 [記事全文]

|

« 自衛権最終案  本質の議論が足りない・こんな生煮えの議論で、戦後約70年にわたる平和国家の歩みを変えていいのだろうか。 | トップページ | 外形標準課税拡大で狙い撃ち 中小「100万社」倒産リスク »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59893803

この記事へのトラックバック一覧です: 【教員の多忙】「先生も負けるなよ」:

« 自衛権最終案  本質の議論が足りない・こんな生煮えの議論で、戦後約70年にわたる平和国家の歩みを変えていいのだろうか。 | トップページ | 外形標準課税拡大で狙い撃ち 中小「100万社」倒産リスク »