« 北朝鮮への早過ぎる制裁解除…安倍政権の危険な「賭け」 | トップページ | 【揺れる公募制度】消えた更迭案、教委全員「現場から外すべき」 橋下氏、留任校長は「改革者」 »

2014年7月 4日 (金)

日中開戦が現実味…これは「抑止力」という名の「挑発」だ

憲法の解釈変更に踏み込んだ安倍首相が1日の会見で強調していたのが、「平和国家としての歩みは変わらない」ということだ。「戦争をする国にはならない」と言うのだが、てんで信用ならない。日本は間違いなく、戦争する国になる。そのための法整備だと断じていい。日中開戦の懸念は高まるばかりだ。

日中開戦が現実味…これは「抑止力」という名の「挑発」だ ←続きを読む

|

« 北朝鮮への早過ぎる制裁解除…安倍政権の危険な「賭け」 | トップページ | 【揺れる公募制度】消えた更迭案、教委全員「現場から外すべき」 橋下氏、留任校長は「改革者」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59924368

この記事へのトラックバック一覧です: 日中開戦が現実味…これは「抑止力」という名の「挑発」だ :

« 北朝鮮への早過ぎる制裁解除…安倍政権の危険な「賭け」 | トップページ | 【揺れる公募制度】消えた更迭案、教委全員「現場から外すべき」 橋下氏、留任校長は「改革者」 »