« 【共同通信】<原子力時代の死角>■忠実な同盟論者 | トップページ | 強い台風8号 接近前から注意を »

2014年7月 6日 (日)

現職市長に「逃亡のおそれあり」として勾留決定をした任官後半年の新米裁判官

藤井浩人美濃加茂市長が、市議時代に業者から30万円を受け取った収賄の容疑で逮捕・勾留されている事件について、昨日午前、名古屋地裁で勾留理由開示公判が行われた。裁判官から、勾留理由を開示し、被疑者、弁護人が意見陳述を行う手続きだ。この事件での警察、検察、裁判所の判断は、多くの面で疑問だらけだが、まさに、その「極め付け」と言うべきなのが、勾留決定をした裁判官が、勾留理由として「逃亡のおそれ」を認めてい…

記事全文を読む

|

« 【共同通信】<原子力時代の死角>■忠実な同盟論者 | トップページ | 強い台風8号 接近前から注意を »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59935378

この記事へのトラックバック一覧です: 現職市長に「逃亡のおそれあり」として勾留決定をした任官後半年の新米裁判官 :

« 【共同通信】<原子力時代の死角>■忠実な同盟論者 | トップページ | 強い台風8号 接近前から注意を »