« 【集団的自衛権の国会論戦】明瞭さ欠く「限定容認」 法整備へ自公に火種 | トップページ | 【平和国家どこへ】 グレーゾーン事態、海保に違和感 「自衛隊出動ありき」 »

2014年7月17日 (木)

アングル:BRICS銀行設立へ、「中国封じ込め」が最大の課題


[フォルタレザ(ブラジル) 15日 ロイター] - ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)は15日、開発銀行を設立することで正式に合意した。2年にわたる交渉で、最大の懸案だったのは資金の不足ではなく、仲間であるはずの中国の存在だった。
中国は当初、他国よりも資本金を多く拠出したいと主張していた。結局、5カ国が同じ額を拠出するべきとしたブラジルとインドの意見が採用されたが、世界第2位の経済力を誇る中国が、その政治力を拡大すべく、影響力を行使しようとするのではないかとの懸念がくすぶっている。
ジョンズ・ホプキンス大学の政治学教授であるリオルダン・ロエット氏は、BRICS開発銀行で中国が支配的な立場に立つのは避けられないと指摘。「中国は、完全な統制下に置かないまでも、自分たちが絶大な影響力を保持できない新規事業には投資したりはしない」と語った。
政治的にも経済的にも、立場が大きく異なる5カ国で構成されるBRICSは、開発銀行を支配しようとする中国の野心を、どのように封じ込めていくかという課題に直面している。
内輪もめは15日の発表直前にも明らかになった。銀行の本部所在地をめぐり中国とインドが対立し、5カ国は直前までぎりぎりの交渉を続けていた。交渉に携わった政府高官によると、インドを立てるためにブラジルが初代総裁国の座を譲ったため、議論はようやくまとまったという。結局、本部は中国のビジネス中心地である上海に置かれることとなった。
BRICSによる開発銀行設立の目的は、欧米が世界通貨基金(IMF)や世界銀行で支配的地位を維持していることや、新興国にほとんど発言権が与えられないといった現状を打破することにある。ボストン大学の国際関係学教授であるケビン・ギャラガー氏は、これはBRICSにとって大いなる挑戦だと指摘した。
同日発表された総額1000億ドルの外貨準備基金で、中国が5カ国中最も多い410億ドルを拠出することがすでに決まっている。残りについては、ブラジル、ロシア、インドがそれぞれ180億ドルずつ、南アフリカが50億ドルとなっている。
<影響力拡大めぐるせめぎ合い>
中国経済は近年、減速傾向にあるが、世界経済の主要な成長エンジンであることに変わりはない。一方、ブラジル、インド、ロシアの経済の減速傾向は過去10年で一層際立っている。中国1カ国の経済力は、他の4カ国のそれを合わせたものより大きい。
リオデジャネイロ・カトリック大学のBRICSポリシーセンターに所属するPaulo Wrobel教授は「その経済力の重要性を考えれば、開発銀行で中国がより大きな影響力を持つのは必然だ」と語る。
中国はその絶大な経済力のために、他のBRICS諸国とたびたび摩擦を起こしてきた。
過去3年の間に中国の工業品がブラジルの市場になだれ込み、ブラジルは自国の製造業保護のために貿易関税を引き上げざるを得なかった。
他の4カ国は、人民元の自由化がほとんど進んでいないことを陰では快く思っていない。それ故、開発銀行では中国の影響力が強くなりすぎないように努めてきた。同行の内部規定は、影響力が1つの国に集まらないよう努めている。
ブラジル国家経済社会開発銀行(BNDES)総裁のルシアノ・コウチーニョ総裁は「銀行に関する最良の慣行と、独占のリスクを寄せ付けない分散統治によって支配される専門的な機関を持つことが狙いだ」と語った。
銀行は他国からの出資も受け入れるが、BRICSの出資比率が55%を下回らないようにするとしている。しかし専門家の中には、中国が影響力を持つ国々を新たな出資者にして、銀行の実質的な支配権を握ろうとするのではないかと危惧する声もある。
その一方で、少なくとも今のうちは、チームの一員としてふるまうことが中国の国益にかなうと指摘する声もある。
サンパウロにあるジェツリオ・バルガス財団のOliver Stuenkel教授は、中国の支配する組織ではないように見せて、中国が本来なら食い込めないプロジェクトに参入することが、中国の利益になると指摘。「開発銀行は中国の金から政治的要素を取り除くための手段だ」と語った。
(Alonso Soto記者 翻訳:新倉由久 編集:伊藤典子)

|

« 【集団的自衛権の国会論戦】明瞭さ欠く「限定容認」 法整備へ自公に火種 | トップページ | 【平和国家どこへ】 グレーゾーン事態、海保に違和感 「自衛隊出動ありき」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59996979

この記事へのトラックバック一覧です: アングル:BRICS銀行設立へ、「中国封じ込め」が最大の課題:

« 【集団的自衛権の国会論戦】明瞭さ欠く「限定容認」 法整備へ自公に火種 | トップページ | 【平和国家どこへ】 グレーゾーン事態、海保に違和感 「自衛隊出動ありき」 »