« 今こそ問うべき「イラク分割論」 | トップページ | 安倍首相に覚悟は? 北朝鮮に“免罪符”を与える拉致再調査 »

2014年7月 7日 (月)

猛烈勢力で8日沖縄接近=大型台風8号厳重警戒-九州は前線で大雨・気象庁


 大型で非常に強い台風8号は6日、フィリピンの東海上を西北西へ進んだ。気象庁によると、8日に猛烈な勢力に発達して沖縄本島にかなり接近した後、9~10日に九州に接近する恐れがある。沖縄・奄美地方と西日本は大荒れとなる見通しで、同庁は厳重な警戒を呼び掛けている。11日ごろにかけては東日本も影響を受ける恐れがある。
 一方、九州では6日、活発な前線のため局地的に猛烈な雨が降った。鹿児島県さつま町・紫尾山では同日午後5時半までの1時間に88.5ミリの雨が降った。7日も九州北部を中心に風雨が強まり、同日午後6時までの24時間予想雨量は九州北部150ミリ、中国地方120ミリ。土砂災害や河川の増水に警戒し、落雷や突風にも注意が必要。
 沖縄では7日朝から、奄美では同日夜から大しけとなる。7日にかけての最大瞬間風速は沖縄35メートル、奄美25メートル、波の高さは沖縄8メートル、奄美7メートルと予想される。
 8号は6日午後6時、フィリピンの東海上を時速25キロで西北西へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。半径190キロ以内が25メートル以上の暴風域、南東側650キロ以内と北西側440キロ以内が15メートル以上の強風域。
 予報では、8号は8日午後3時には那覇市の西約120キロにあり、中心気圧は910ヘクトパスカルと推定される。気象庁の統計史上、上陸時の中心気圧が最も低かった台風は1961年9月に高知県室戸岬近くに上陸した第二室戸台風の925ヘクトパスカル。 

|

« 今こそ問うべき「イラク分割論」 | トップページ | 安倍首相に覚悟は? 北朝鮮に“免罪符”を与える拉致再調査 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59941524

この記事へのトラックバック一覧です: 猛烈勢力で8日沖縄接近=大型台風8号厳重警戒-九州は前線で大雨・気象庁:

« 今こそ問うべき「イラク分割論」 | トップページ | 安倍首相に覚悟は? 北朝鮮に“免罪符”を与える拉致再調査 »