« ベネッセ大規模情報流出「グループ社員以外の内部犯行」とベネッセ誰が、どんな手口で? アクセス履歴解析で容疑者特定へ | トップページ | 元運用委が真っ向反論 安倍首相がPRする「GPIF改革」 »

2014年7月10日 (木)

一生刑務所に…誤認逮捕された男性、片山被告に、だが「警察・検察・裁判所の責任はどうするのか。当然懲戒処分か。


 パソコン遠隔操作事件で威力業務妨害罪などに問われた元IT関連会社社員・片山祐輔被告(32)の第12回公判が9日、東京地裁であった。
 大阪府警に誤認逮捕されたアニメ演出家の男性(44)が証人出廷し、被告に対して「反省の色が見えない。一生刑務所に入っていてほしい」と述べた。
 誤認逮捕された被害者の証言は2人目。男性は2012年8月、大阪市のホームページに大量殺人の予告メールを送信したとして逮捕されたが、その後、起訴が取り消された。
 男性は逮捕当時について、「取り調べで『君は否認しているけど、周りの状況は真っ黒』と言われた。(裁判所でも)保釈申請が何度も却下され、つらかった」と振り返った。片山被告については「事件を起こしたことを認めたのも、言い訳ができなくなったから。責任をきっちりとってほしい」と非難した。

|

« ベネッセ大規模情報流出「グループ社員以外の内部犯行」とベネッセ誰が、どんな手口で? アクセス履歴解析で容疑者特定へ | トップページ | 元運用委が真っ向反論 安倍首相がPRする「GPIF改革」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/59957546

この記事へのトラックバック一覧です: 一生刑務所に…誤認逮捕された男性、片山被告に、だが「警察・検察・裁判所の責任はどうするのか。当然懲戒処分か。:

« ベネッセ大規模情報流出「グループ社員以外の内部犯行」とベネッセ誰が、どんな手口で? アクセス履歴解析で容疑者特定へ | トップページ | 元運用委が真っ向反論 安倍首相がPRする「GPIF改革」 »