« 【東電に自主避難賠償命令】救済につながる意義のある判決だ | トップページ

2016年8月11日 (木)

近畿厚生局通知 国際ロータリー第2640地区PDG米田眞理子、坪倉秀美及び田中延彦薬剤師の3名取り消し訴訟敗訴、棄却判決後直ちに控訴

平成28 年8月10

保険薬剤師の登録の取消の延期について

近畿厚生局長は、米田眞理子、坪倉秀美及び田中延彦薬剤師の3名に対し、

平成26 年7月14 日付けで保険薬剤師の登録を取り消すとして、通知したとこ

ろ、当該薬剤師から大阪地方裁判所に対し、保険薬剤師の登録取消処分の取消

を求めて訴訟(以下「取消訴訟」といいます。)が提起され、あわせて当該処

分の効力の停止を求めて執行停止の申立てがされました。

執行停止の申立てに関しては、平成26 年7月22 日に、大阪地方裁判所にお

いて、取消訴訟の第1審判決言渡し後60 日が経過する日まで取消処分の効力

を停止する旨の決定がされたため、当該保険薬剤師の登録の取消しは、取消訴

訟の第1審判決言渡し後60 日が経過する日までは行わないこととなった旨、

お知らせしたところです。

取消訴訟については、平成28 年5月25 日に、大阪地方裁判所において、

当該薬剤師の請求をいずれも棄却する判決の言い渡しがされたところですが、

当該薬剤師から、大阪高等裁判所に対して、取消訴訟の判決に不服があるとし

て控訴の提起がされ、あわせて当該処分の効力の停止を求めて執行停止の申立

てがされました。

執行停止の申立てに関しては、平成28 年7月22 日に、大阪高等裁判所にお

いて、取消訴訟の判決が確定するまで取消処分の効力を停止する旨の決定がさ

れました。

このため、当該保険薬剤師の登録の取消しは、取消訴訟の判決が確定するま

では行わないこととなりましたので、お知らせします。

 

|

« 【東電に自主避難賠償命令】救済につながる意義のある判決だ | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548928/64041022

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿厚生局通知 国際ロータリー第2640地区PDG米田眞理子、坪倉秀美及び田中延彦薬剤師の3名取り消し訴訟敗訴、棄却判決後直ちに控訴:

« 【東電に自主避難賠償命令】救済につながる意義のある判決だ | トップページ